イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【Columbia Asia International Clinic - Saigon】

【Columbia Asia International Clinic - Saigon】
昨夜左中指をケガ。
指が90度以上曲がって「パキッ!」と音がした。
脱臼だとは思われるが、ちょっとひどい。
柔道や格闘技をやっていれば日常茶飯事だが、今回のはかなり痛い。

Columbia Asia International Clinic - Saigon コロンビア アジア サイゴン クリニック 8 Alexandre de Rhodes 01

朝になってさらに腫れもひどい(怪我直後に氷で冷やしたとは思えないくらい)。
以前足の怪我で行ったことのある「Family Medical Practice」に電話。
整形外科のアルゼンチン出身のクラウディオ医師が休暇中とのこと。

代わりに「Columbia Asia」へ。
日本人看護師が通訳で付き添ってくれる。
と言っても英語でのやり取りなので結局通訳というより付き添いしてもらっただけの状態に。
でも「骨折(fracture)」など、普段使わない単語が出てくる。
「靭帯(ligament)」って医者が言ってきて「あ~、そういやそう言うんだった」って思い出す感じ。

相当ひどいらしく、骨折の恐れもあるとのことでレントゲンを撮る。
レントゲンの担当者はパソコンでゲームをやっている。
結局骨折の恐れはなし。

すべてが終わって薬やテーピングをもらった後に日本人看護師がこう言った。
「木曜日に整形外科の先生がいらっしゃるので、治らなかったらまた来てください」。
ええ!?
なんと内科の先生だった。
電話でもこの日本人看護師に確認したのに。
どうりでテーピングの仕方がヘタだと思った。
ベトナムにもテーピングの巻き方の本を持ってきている私としてはツッコミ入れたくなるような素人の巻き方だった。

施設も古いが、医師から何やらすべてが昔のサイゴンのまま時間が止まっているよう。
電話した時の日本人の対応からも予想はしていたが(でも良いおばちゃんではあるが)。
タイムスリップしたような何か不思議な感じです。
というよりも「ロータスクリニック」が日本品質できちんとし過ぎているのかもしれませんね。
「Family Medical Practice」でもこんな雰囲気は味わえません。
軽い治療の場合は一回行ってみるとおもしろいかもしれませんね。
本当にひどい場合はきちんとした病院へ行ってください(笑)。

Columbia Asia International Clinic - Saigon コロンビア アジア サイゴン クリニック 8 Alexandre de Rhodes 02
http://www.columbiaasia.com/multi/vietnam.html

Columbia Asia International Clinic - Saigon コロンビア アジア サイゴン クリニック 8 Alexandre de Rhodes 01
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/976-aa2af949
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。