イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【失敗学】

【失敗学】
畑村洋太郎』の著書は何冊か読んで、ベトナムにも持ってきた本のひとつ。
もともと「失敗学」は技術・設計分野で研究し始めたものです。
航空機事故など、なぜ起こったのか、それによって何が解明され改善されていったかなどが記されています。
この分野には疎い私ですが、非常に興味深いものです。

その著者がビジネスにおいても、この「失敗学」を研究し始めました。
個人的意見ですが、初めて読む人はビジネスに関する「失敗学」ではない方がよいと思います。
技術・設計分野の「失敗学」がビジネスに適用されているのを知らないと『それって後付けだろ』などと思うことはたくさんあります(前提が分かっていてもビジネスに関する「失敗学」に異論を唱える人もいます)。
たとえば失敗の理由、「社員教育に力を入れる反面、経営管理が疎かになった」。
成功していれば、「社員教育に力を入れた」結果ともなる。
経営管理をしっかりした会社が倒産したら、「経営管理に力を入れる反面、社員教育が疎かになった」とも。
「創業者のおごり」が失敗につながったなんてのもありますしね。

つまりビジネスは技術・設計分野のようにはいかないということ。
そこが難しいところでもあり醍醐味。
いずれにせよこのようにデータベース化してくれるのは非常に有意義。
こういうことに税金が使われているなら納得します。

経済産業省「ベンチャー企業の経営危機データベース~83社に学ぶつまずきの教訓~

「ベンチャー経営の「失敗談」データベース、経産省が公開 リアルな声、足で稼ぐ」

ベンチャー経営者をインタビューし、リアルな失敗談を集めたデーターベースを経産省が公開し、注目を集めている。失敗の理由からその後の経緯まで、1件1件足を運んで取材。マニュアル通りの成功例からそれた時、どう対処すればいいのか――経営者が本当に知りたいことが伝わるように工夫した。
2008年05月19日 07時54分 更新

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0805/19/news019.html

『ITmedia』より


ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/92-7bb43e2a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。