イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).05.12(月) 【花】

【花】
ベトナムでは(も?)花屋をよく見かける。
女性が花を好きなのは万国共通ですね。
ベトナム人女性が花束を受け取ったときの喜びようを見たことがありますが、ビックリするくらいでした。
3月8日は『国際婦人デー』で、ベトナムでは男性が女性に花をプレゼントします。※3/8(土)の記事
花だけでなく、プレゼントや食事に誘ったりもするそうですが。
道には花を売る人たちで溢れていました。
当時は知らなかったので、何のイベントなのかと思った覚えがあります。

ベトナムに花の定期便ってあるのかな?
友人が結婚した時、嫁さんが私たちも可愛がっていた子なので結婚祝いのひとつとして花の定期便(1年間)をプレゼントした(私のアイデア)。
結婚直後に旦那の赴任で知り合いのいない土地に行くことになった。
もともと花を好きな子だったが、そんな環境で花が届くことに非常に喜んでいた。

ベトナムの花の物流はまだまだ旧体質(だと思う)。
値段も明らかにこちらの物価で考えると高い。
日本も10数年前から花を安く売る店が出てきて、急激に安売りの花屋がしのぎを削る状態になったのを覚えている。
ベトナムでそこまでできるかは疑問だが、今の値段でもこんな花の定期便があったらベトナム駐在の奥さんたちは喜ぶと思う。

2008.05.12(月) 花束

こくさいふじんデー【国際婦人デー】
婦人の政治的解放をめざす国際的な連帯行動の日。毎年3月8日。1910年の国際社会主義婦人会議で、ドイツのクララ=ツェトキンが提唱。日本では1923年(大正12)から行われている。婦人の日。
『大辞泉 増補・新装版(デジタル大辞泉)』
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/83-0f8caec4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。