イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ホーチミン市:農産物・食肉の販売場所規制を撤廃

ベトナムでは法律が制定されても、実際の運用がどうなるか(そもそも本当に実施されるのか)分からず本当に困ります。
役所ごとに言っていることが違ったり...

ホーチミン市:農産物・食肉の販売場所規制を撤廃 - 市場の肉売り butcher

[ホーチミン市:農産物・食肉の販売場所を規制]
2009/08/07 08:27 JST配信

 ホーチミン市人民委員会はこのほど、農産物・食肉・水産物などの販売場所を規定した決定を公布した。それによると▽青果物(冷凍品を含む)▽家畜・家きんの肉や内臓(冷凍品、初期加工品を含む)▽水産物・発酵食品など(冷凍品を含む)――の3種の食品は、8月10日から市場、スーパーマーケット、ショッピングセンター、「便利で文明的な商店」での販売しか認めないとしている。

 また、卸売市場としては▽トゥードク市場(トゥードク区)▽ホックモン市場(ホックモン郡)▽ビンディエン市場(8区)――の3カ所に制限している。

 しかし、「便利で文明的な商店」とはどのような店か具体的な基準を示していないうえ、営業許可を持つ合法的な販売店への対処方針についても明記されておらず、実現性に疑問の声が上がっている。

http://www.viet-jo.com/news/social/090806073137.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[司法省、ホーチミン市の決定文書に修正求める]
2009/09/06 05:49 JST配信

 司法省文書検査局は3日、ホーチミン市人民委員会が7月31日付けで公布した農産物・食肉・水産物などの販売場所を規定する決定64号について、同市人民委に一部内容の見直しと修正を求める文書を送付した。

 それによると、決定64号は青果物や家畜・家きんの肉や内臓などの販売場所として「市場、スーパーマーケット、ショッピングセンター、便利で文明的な商店での販売しか認めない」としているが、「便利で文明的な商店」について何の説明もなく、さらに現行のいかなる法規文書にもこうした概念は定義されておらず、憲法や法律で認められている営業の自由を侵害するものだという。ホーチミン市人民委は30日以内に修正を行うよう求められている。

http://www.viet-jo.com/news/social/090905080006.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ホーチミン市:農産物・食肉の販売場所規制を撤廃]
2009/10/21 17:31 JST配信

 ホーチミン市人民委員会はこのほど、農産物・食肉・水産物などの販売場所を規定する同市人民委決定64/2009/QD-UBND号の改正決定文書を公布した。決定64号は青果物や家畜・家きんの肉や内臓などの販売場所として「市場、スーパーマーケット、ショッピングセンター、便利で文明的な商店での販売しか認めない」としていたが、改正文書では「各区・郡人民委員会の計画と国の法規に従い、保健省の定めた食品安全衛生に関する条件を満たしていること」とだけ規定され、上記の規制は撤廃されている。決定64号については、司法省文書検査局が内容の見直しと修正を求めていた。

http://www.viet-jo.com/news/social/091021030752.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/819-cdc46a3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。