イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

Dyson、“羽根がないのに風が出る”扇風機を発表

ベトナムとは直接関係ありませんが、かなり興味を引かれたので取りあげます。

私はエアコンが得意ではありません。
現在住んでいるところは風が通らない構造になっていて、ビニールハウス状態。
特に一番上の階の私の部屋は下の階とまるで温度が違ってくる。
午後に異常に暑くなります。
それでもほとんどエアコンをつけることはない。
他の部屋に住んでいる住人たち(外国人)はエアコンつけっぱなし。
エアコンを使わない私がちょっと信じられないみたい。
なので扇風機が大活躍。
と言っても午後の暑いときは何の意味もなさなくなる(熱風がくるだけ)。

ジャック・マイヨールが『イルカと、海へ還る日』でも「エアコンのきいた部屋には『プラナ』が存在しない」なんて言っていました。
私の場合別にそんな高尚なことではない。
単に体の調子が悪くなるから。

Books イルカと、海へ還る日 ジャック マイヨール Jacques Mayol 関邦博 4062061473 978-4062061476

話が脱線しましたが、実際に”使える”製品だったら凄いですね。
小さな子供のいる家庭にも安心ですね。
でもこういう製品が日本から出ないという事実が正直寂しい。
頑張れ技術立国日本!

Dyson ダイソン 羽根がない Air Multiplie r扇風機 エアマルチプライヤー エアーマルチプライアー

[Dyson、“羽根がないのに風が出る”扇風機を発表]

DysonのAir Multiplier扇風機は従来の扇風機のような羽根はなく、流体力学を利用した独自の技術で空気の流れを増幅する。
2009年10月13日 16時47分 更新

 Dysonは10月12日、「羽根のない扇風機」を発表した。羽根のない扇風機


 同社の「Dyson Air Multiplier」は従来の扇風機とは違って羽根がなく、土台に輪を乗せたような形になっている。

 従来の扇風機は、羽根が空気を切ってしまい、空気の流れが不均衡になる点が問題だった。Dysonの技術は流体力学を利用した独自の技術で空気の流れを15倍に増幅し、毎秒119ガロンの空気をスムーズに流すという。

 この扇風機は土台の部分に組み込まれたモーターを使って空気を吸い込み、その空気を飛行機の翼のような傾斜がついた輪から送り出す。空気が輪から出るときに、その気流に周囲の空気が引き込まれて、空気の流れが増幅され、空気が一定して途切れなく流れる。

 Dysonは、この扇風機は羽根がないため安全で手入れが簡単だと述べている。上部が重く簡単に倒れることもある従来の扇風機とは違って、傾けることもできるという。

 Dyson Air Multiplierは10インチと12インチのモデルがあり、価格はそれぞれ299.99ドルと329.99ドル。カラーは10インチモデルがブルー&アイアンとシルバー&ホワイトの2種、12インチモデルがシルバー&アイアンの1種。米小売店やDyson.comで販売の予定。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0910/13/news099.html

『ITmediaニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/806-488ab075
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。