イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【Không Sao】

【Không Sao】
ベトナム人に「Không sao」と言われることがあります。
もちろん「大丈夫ですよ」という意味で使うこともあるのですが、トラブルの原因を作ったり、悪いことをした張本人が被害者に向かってこういうこともよくあります。
このことはベトナム在住の日本人も相当頭にきていて、ランチを一緒にしたときその話で盛り上がりました。

その晩、私の不注意で熱湯の入った大きなコップを倒してしまい女の子にかけてしまうということがありました。
まだ10代の女の子ですが、慌てることなく私の氷の入ったお茶を取ると自分にふりかけそのまま水道のところへ行きました。
その行動やまるでゴルゴ13のように冷静沈着。
まさに兵士(ソルジャー)のようでした。

田舎出身のベトナム人女性の強さというものを見せつけられた。
普通だったら「熱い!」ってあたふたしてしまうだろうけど。

完全に私が悪く、謝っても誤りきれない。
相当私が落ち込んでいたようで、彼女から何回も「Không sao」と言われました。
昼間に自分勝手に「Không sao」と言うベトナム人のことを怒っていた自分が恥ずかしくなりました。

Books_Golgo13 153

大丈夫。問題ない。ノープロブレム

「その言語が話せなくても、知っておくだけで何となーくコミュニケーションが取れた気になる表現」シリーズ第2弾がこれ。「Không sao đâu(ホン サオ ダウ!)」=「大丈夫。問題ない。ノープロブレム」です。

 ゆったりのんびりの南国気質なベトナム人。この表現を使う頻度は非常に高い。些細な問題であれ、深刻な事件であれ、「そんな小さなことにとらわれていないで、気楽に行こうぜ」という意味が含まれています。

 しかし、「大丈夫」という時に限って、まったく大丈夫ではないのが人の常。さらには、その問題の原因となった張本人が、「Không sao đâu(ホン サオ ダウ!)」(まあ、気にするな)と(笑顔で)言ってくることさえあります。

 ここでちょっと話は変わりますが、街中で売っているお土産Tシャツに「NO STAR WHERE (ノウ スター ウェア)」と書かれているものがあるのをご存知ですか。何度読んでも意味を成さない、おかしな英語なのは当たり前。実はこれ、「Không sao đâu(ホン サオ ダウ!)」の直訳だからです。

 ベトナム語には、1つの単語が多くの異なる意味を持つことがあります。この場合、「Không(ホン)」は「ない=No (ノウ)」、「sao(サオ)」は「①問題②星=Star (スター)」。また、「Không ~ đâu (ホン~ダウ)」は強い否定の意味ですが、「đâu(ダウ)」単独だと「どこ=where (ウェア)」という意味にもなります。つまり、表現本来の意味を無視し、わざと英単語を一つひとつ訳したのがこの「NO STAR WHERE (ノウ スター ウェア)」=Không sao đâu(ホン サオ ダウ)」なのです。これは、ベトナム人が好むジョークの1つでもあります。

(2006年3月号/2006年3月15日 火曜日 11:13JST更新)

http://www.vietnam-sketch.com/column/vietnamese/2006/03.html

『ベトナムスケッチ』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/755-26a501d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。