イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

日ベトナム経済連携協定、10月に発効

個人レベルでもベトナムへ物を送るといろいろトラブルがあります。
郵便局で法外な関税を請求される話はよく聞きます。
私自身、本を30冊程度自分に2回ほど送ったことがあります。 ※2008/10/30(木)の記事
1回目は関税を取られましたが、2回目は何も請求されませんでした。
改善されたのかと思いきや、その後に本を送って高い関税を取られた人の話も聞きました。
改善されるのを切に願います。

2009(H21).08.25(火) 経済連携協定 Economic Partnership Agreement EPA Hội nhập kinh tế hoi nhap kinh te

[日ベトナム経済連携協定、10月に発効]
2009/8/25 (12:04)

【ベトナム】関税の撤廃・削減、サービス貿易の自由化などを盛り込んだ日本とベトナムの経済連携協定(EPA)が10月1日に発効する。発効後10年で、日本はベトナムからの輸入の約95%、ベトナムは日本からの輸入の約88%を無税とする。税関手続きの簡素化、ビジネス環境の整備なども進める。

 日本はシンガポール、メキシコ、マレーシア、チリ、タイ、インドネシア、ブルネイ、東南アジア諸国連合(ASEAN)、フィリピンとのEPAが発効済みで、9月にスイスとも発効する予定。

http://www.newsclip.be/news/2009825_024958.html

『newsclip.be』より

[日越経済連携協定、10月1日に発効]
2009/08/25 19:02 JST配信

 日本の外務省は25日、今日の閣議決定を受けて、「経済上の連携に関する日本国とベトナム社会主義共和国との間の協定(日越経済連携協定)」の効力発生に関する外交公文の交換を今月26日にハノイ市で行うと発表した。在ベトナム日本国大使館とベトナム外務省との間で行われる。これにより、この協定は10月1日に発効することになる。

 この協定は、両国間の物品・サービスの自由化と投資の円滑化を促進して経済活動の連携を強化するとともに、自然人の移動、知的財産などの幅広い分野での協力を強化するもの。なお、この協定は日本にとって11番目の経済連携協定となる。

http://www.viet-jo.com/news/enterprise/090825033313.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[EPA:ベトナムとの協定が10月発効 エビなど関税撤廃]
2009年8月25日 19時46分

 経済産業省は25日、昨年12月に署名したベトナムとの経済連携協定(EPA)が10月1日に発効すると発表した。日本にとっては11番目の発効となる。

 今後10年間で、日本はオクラ(現行関税3%)やエビ(同1~2%)など、ベトナムからの輸入の約95%の関税を撤廃。ベトナムはカラーテレビ(同40%)やデジタルカメラ(同10%)など日本からの輸入の約88%を無税にする。

 知的財産保護などの分野でも協力し、ベトナム人看護師・介護福祉士を将来的に受け入れることも協議する。【柳原美砂子】

http://mainichi.jp/select/biz/news/20090826k0000m020053000c.html

『毎日新聞』より

[日本とベトナムのEPA、10月に発効]

 政府は25日、ベトナムとの間の関税撤廃などを盛り込んだ経済連携協定(EPA)が10月1日に発効すると発表した。今後10年間で両国間の貿易額の約92%で関税がなくなる。日本のEPA発効は9月1日を予定しているスイスに続き11カ国・地域となる。(25日 22:01)

http://www.nikkei.co.jp/news/keizai/20090826AT3S2500Z25082009.html

『日本経済新聞』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/749-b6e6e032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。