イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ソンミ村虐殺、元中尉「41年後の謝罪」

「ソンミ村虐殺事件」をご存知ですか? ※Wikipedia 「ソンミ村虐殺事件」
戦争は絶対ダメ!
アメリカは相変わらず戦争を続けていますが。
と言っても平和ボケしている日本人というのも事実ですよね。
外交で毅然とした態度を取ることと、平和は両立しえるのに。

[ソンミ村虐殺、元中尉「41年後の謝罪」]
(2009年8月22日21時52分 読売新聞)

2009(H21).08.22(土) ソンミ村虐殺、元中尉「41年後の謝罪」 米ジョージア州コロンバスでソンミ村虐殺事件について語るカリー氏=AP
米ジョージア州コロンバスでソンミ村虐殺事件について語るカリー氏=AP

 【ニューヨーク=吉形祐司】ベトナム戦争中の1968年、米兵が南ベトナム(当時)の一般住民500人以上を殺害した「ソンミ村事件」で、ただ一人有罪となった米陸軍元中尉のウィリアム・カリー氏(66)が仮釈放後初めて、ジョージア州コロンバスの小集会で当時を語り、「41年後の謝罪」をした。

 21日、米メディアが報じた。

 カリー氏は19日、友人の招きに応じ、約50人が参加した奉仕活動団体の昼食会に出席。冒頭、「良心の呵責(かしゃく)を感じない日は一日もなかった。殺されたベトナム人とその家族、巻き込まれた米国人とその家族に対し、良心の呵責を感じている。申し訳ない」と述べた。

 米メディアが事件を暴露した後の70年、カリー氏ら14人が訴追された。同氏は軍事裁判で「上官の命令に従っただけ」と主張したが終身刑となり、上官は無罪だった。ニクソン大統領が減刑し、3年半で仮釈放されて以来、カリー氏はマスコミの取材に応じていなかった。なぜ41年後の今、重い口を開いたのかは不明だ。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090822-OYT1T00774.htm

『読売新聞』より

[ベトナムのソンミ村虐殺事件謝罪 米陸軍元中尉、41年後に]
2009/08/23 09:37

2009(H21).08.23(日) ベトナムのソンミ村虐殺事件謝罪  米陸軍元中尉、41年後に 19日、米ジョージア州コロンバスで、ベトナム戦争中のソンミ村虐殺事件について語るカリー元米陸軍中尉(AP=共同)
19日、米ジョージア州コロンバスで、ベトナム戦争中のソンミ村虐殺事件について語るカリー元米陸軍中尉(AP=共同)

 【ニューヨーク共同】ベトナム戦争中の1968年、米陸軍部隊が南ベトナム(当時)の村を襲撃し、女性や子供ら500人以上を殺害した「ソンミ村虐殺事件」で、部隊を率いたウィリアム・カリー元中尉(66)が22日までに、41年の沈黙を破って当時の状況を語り、犠牲者と家族らに謝罪した。

 米ジョージア州コロンバスの地元紙によると、カリー氏は19日、同地で開かれた実業家の昼食会に招かれ、事件について「良心の呵責を感じなかった日は一日たりともない」と振り返るとともに、犠牲者とその家族、当時の部下らに「大変申し訳ない」と謝罪した。

 カリー氏は「上官の命令に従って殺害した」という当時の説明を繰り返しながらも「(命令に)従った自分が愚かだったのだろう」と語った。

 米軍当局は当初、死者の大半はゲリラ兵士だったと主張したが、69年11月に米マスコミが真相を暴露。米国内で開かれた軍事法廷で上官らは無罪だったが、カリー氏は終身刑を言い渡された。その後、減刑され仮釈放の身となっていた。

 同事件は、米国内外でのベトナム反戦運動盛り上がりにもつながった。

http://www.47news.jp/CN/200908/CN2009082301000079.html

『共同通信』より

[元中尉の謝罪、受け入れたいとソンミ生存者]
(2009年8月24日03時07分 読売新聞)

 【バンコク=田原徳容】ベトナム戦争中の1968年に米兵が一般住民500人以上を殺害したソンミ村事件で、有罪となったウィリアム・カリー米陸軍元中尉(66)が41年ぶりに謝罪したことを受け、同村で生き残ったパン・タン・コンさん(51)が23日、本紙の電話取材に応じ、「謝罪はないと思っていた。あまりにも遅く驚いたが、犠牲者を代表して受け入れたい」と語った。

 パンさんは、10歳の時、目の前で米兵に両親と兄弟を殺害された。

 現在、同村の記念公園博物館の館長を務め、犠牲者の追悼を続ける。パンさんは「カリー氏にはベトナムに来て、当時とその後40年の思いを語ってほしい」と述べ、同氏がベトナムと米国の友好関係のシンボルとなることに期待を寄せた。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20090823-OYT1T00880.htm

『読売新聞』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/745-bb944eeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。