イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【続・星の金貨】

【続・星の金貨】
今回はもうほとんどベトナムとは関係ない話です。
水曜日に「星の金貨」のことを書きました(その記事はまだベトナムの関連性について言及していますが)。 ※8/12(水)の記事
「星の金貨」と「続・星の金貨」を一気に鑑賞した勢いで取りあげます。

「星の金貨」は結構いいドラマでしたね。
ありえない偶然や展開の数々は今観ても許容範囲かな。
ドラマや映画で泣いたのが唯一、「ランボー/怒りの脱出」という私でも改めて観たらジ~ンと来るところもあったり。
当時はそうでもなかったですが(年取ったんだな)。

DVD BD Blu-ray ブルーレイ Rambo: First Blood Part II ランボー/怒りの脱出

「続・星の金貨」はちょっと...
昼ドラみたいにドロドロになったり、ありえない偶然や展開の連続はあまりにも。
前作のみならずありえない偶然で病院を救ってくれるパトロンが簡単に見つかったり。
主人公を突き飛ばして失明させた女性を誰も警察に言わず、その後何事もなかったようにその女性が主人公のサポートしたり。
服役している人が簡単に自殺できたり。
病院で刺されているのに、そのまま瀕死の状態で式場に向かって死んでしまったり。
違和感だらけ。
ジ~ンと来るところ皆無。

実は手話を少しかじったことがあります。
このドラマの影響ではないので、つい数年前の話ですが。
NHKの講座を見たり、市民講座を受講したこともありました。
火・木は定時退社させてもらったり。

とにかくコミュニケーションが好きなんでしょうね。
かじっただけでほとんど忘れましたが。
下は私の持っている手話の本。

Amazonでの手話(本)の検索結果
Amazonでの手話(DVD)の検索結果

Books 見ておぼえるやさしい手話 見るだけで手話の動きがよくわかる 谷千春 永岡書店 4522421052 978-4522421055

Books DVDですぐできるやさしい手話 米内山明宏 西村知美 成美堂出版 4415030866 978-4415030869

<<追記>>
ウルウルきた映画を思い出しました。
「禁じられた遊び」。
子役のブリジット・フォッセーはもう演技というレベルではないですね。
ポレット(ブリジット・フォッセーの役名)が最後に「ミシェル!、ミシェル!」と叫ぶシーンはもう涙モノ。

DVD 禁じられた遊び Jeux interdits Forbidden Games ブリジット・フォッセー Brigitte Fossey

子役といえば、「ペーパー・ムーン」のテータム・オニールは圧巻でした。
彼女は10歳でアカデミー助演女優賞を獲得しました。
でも何で「助演」なの?
映画好きな友人と会話の際、私が「テータム・オニールが助演女優賞~」と言うと、「何言ってんだよ。助演なわけないだろう」ときりかえされました。
彼の中でも完全に「主演」のイメージだったわけです。

数年後「がんばれ!ベアーズ」に出演。
中学生の彼女の演技は「ペーパー・ムーン」の時と変わらず(成長していないということではなく)。
ところが中学生があの演技だと何も特筆すべきものがない(下手というわけでもない)。

子役だからこその演技というのがあるんだな~と実感。
「ペーパー・ムーン」のテータム・オニールは当時演技経験がなかったとのこと。
つまり自然なだけに子どもだとリアリティが増すんだろうな。
大人になると、ドラマや映画においては完全な自然はリアリティがなくなる。
難しいところ。

DVD ペーパー・ムーン Paper Moon テイタム・オニール Tatum O'Neal ライアン・オニール Ryan O'Neal

あ~、映画のことになるといろいろ書きたい。
キリがない。
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/734-e80dda62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。