イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

「下品すぎてショック」…ミス・ユニバース衣装変更

日本人ならこの怒りは当然でしょう。
特に海外で生活していると、日本人としての品位を貶めるような行為は絶対に許せない気持ちになってきます。
許せない。
昨年のミス・ユニバースがニャチャンで開催された程度しかベトナムとの関連性がないのに3回も取り上げてしまった... ※7/23(木)の記事7/28(火)の記事
本当に腹立たしい。

2009(H21).07.31(金) 和服にピンクの下着とガーターベルトという下品な出で立ちの宮坂絵美里 REIRA Miyasaka Emiri 「下品すぎてショック」…ミス・ユニバース衣装変更

[「下品すぎてショック」…ミス・ユニバース衣装変更]

見直しに関係者ホッ!!

 8月1日から選考が始まる「ミス・ユニバース」の日本代表、宮坂絵美里さん(25)が着用するナショナルコスチュームのデザインが見直されることが分かった。牛革製の黒振り袖に、下半身はショッキングピンクの下着とガーターベルト丸出しというド派手な衣装には国内外から批判が殺到。デザインを事前に知らされていなかった呉服店や帯職人もミス・ユニバース事務局に抗議した結果、変更を余儀なくされることとなった。

 ≪当初のデザインにありました着丈の長さに戻す方向で修正をすることとなりました≫

 ミス・ユニバース日本事務局(MUJ)は30日午後、公式ホームページで、ナショナルコスチューム用の衣装を修正することを明らかにした。新たな衣装は、衣装合わせ時点の丈の長さに戻し、丸出しだった下半身を隠すものとみられる。牛革製の和服などは変更しないようだ。

 問題の衣装はもともと、ミス・ユニバース主催の米不動産王、ドナルド・トランプ氏が日本に派遣したフランス人女性プロデューサー、イネス・リグロン氏の発案。関係者によると、今回の衣装に酷似したクリスチャン・ディオールの着物風コレクションを気に入ったイネス氏が、和服再興を目指すデザイナーズブランド社長の緒方義志氏に発注したという。

 衣装は今月22日に発表されたが、その直後から「日本が誤解される」「ガーターベルトは売春婦の象徴だ」などと、MUJや緒方氏のもとに4000件以上の抗議が殺到。

 帯を提供した呉服店や職人も「あのデザインを知っていれば提供しなかった」「変更しない限り使用を認めない」などと拒否反応を示したことで、デザイン変更を余儀なくされたとみられる。

【イネス氏強気の姿勢一転】

 当初、イネス氏は≪私が気にするのはファッション産業の有力者の評価だけ≫、緒方氏も≪「着物は奥ゆかしき日本人女性の象徴である」という現代の日本人が作り上げた妄想≫などとブログに書き、強気の姿勢だった。

 今回のデザイン変更について、辻村和服専門学校(静岡)の辻村宜孝理事長は「あのデザインは当校の先生方も全員、下品すぎてショックを受けていました。着物に触れたことがない人には良いデザインなのかもしれませんが、私どもには単に着物をイヤらしい形にくり抜いたようにしか見えません。日本代表である以上、『和服はちゃんとしたもの』というコンセプトを勝手に崩されては困る。見直しということでホッとしています」と話している。

http://www.zakzak.co.jp/gei/200907/g2009073128_all.html

『ZAKZAK』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/709-decc2d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。