イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ベトナム株、急速に弱含み 直近高値から12%下落

個人的には夏あたり(さらには秋頃まで)に下落傾向が続きそうな気がする。
買いやすい銘柄が出てくるので、必ずしも悪いことではない。
分かってはいるが、ベトナム株を保有する身としては精神衛生上良くない(というより私がやはり株には向いていない?)。
ただベトナムの経済も悲観的な雰囲気が漂うなか、ずるずる行くのが心配。

[ベトナム株、急速に弱含み 直近高値から12%下落]

 【ハノイ=岩本陽一】回復基調に戻りつつあったベトナムの株式相場が急速に弱含んでいる。6月9日に年初来高値を付けた後、高値警戒感が強まり、売り注文が優勢となる展開で、9日から30日までの下落率は12%を超えた。

 30日の終値は前日比2.63%安の448.29。同日は銀行最大手ベトコムバンクが上場したが、カンフル剤にはならなかった。市場では「一方通行になりやすい相場のため、さらに下落する可能性がある」との見方も出ている。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090630AT2M3002T30062009.html

『日本経済新聞』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/660-85e0bb96
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。