イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ベトナム、高成長に陰り 1~6月3.9%どまり

日本のように閉塞感は感じませんが、やはり不安要素も。
バンバン高層ビルが建っているけど、現時点での経済状況を鑑みると明らかに過剰だ。
大丈夫かな?

2009(H21).06.27(土) 経済成長が鈍化しているのにホーチミン市の過剰な高層ビル建設ラッシュ

[ベトナム、高成長に陰り 1~6月3.9%どまり]

 東南アジア地域の中で経済危機の影響が比較的軽微とされたベトナムで、先行きへの不安がじわり広がっている。同国の計画投資省によると2009年1~6月の国内総生産(GDP)は前年同期に比べて3.9%の増加にとどまった。輸出低迷などが響き前年同期の伸び率(6.5%)を大きく下回った。

 政府は今年の成長率目標を年初には6.5%としていたが、その後、段階的に変更。今月の国会では5%に下方修正した。成長エンジンである外国投資も不振が目立つ。09年1~6月の海外直接投資額(FDI、認可ベース)は前年同期比78%減の87億ドル(約8300億円)。このままのペースでは過去最高を記録した前年の3分の1の水準にも満たない恐れがある。(ハノイ=岩本陽一)

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20090627AT2M2502026062009.html

『日本経済新聞』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/659-8297dc98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。