イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

三洋のベトナム子会社元常務、8億円横領か…発覚前に行方不明

貢ぐ男も大バカだが、チリ人妻のアニータといい、豪遊している女も非常に腹が立つ。
まあ今回は公金ではないですが。
見つけて通報してやりたい。
顔写真公開しないのかな?

2009(H21).06.15(月)  アニータ・アルバラード Anita Alvarado わたしはアニータ

当社ベトナム子会社における社員の失踪および横領事件について

[三洋のベトナム子会社元常務、8億円横領か…発覚前に行方不明]

 三洋電機は15日、ベトナムのデジタルカメラ製造子会社の元財務担当常務(54)が運転資金数億円を横領したと発表した。

 横領金額は公表していないが、約8億円に上るとみられる。

 内部調査で発覚し、三洋は5月29日付で懲戒解雇するとともに、ベトナムの警察当局に刑事告訴した。

 元常務は横領発覚前の4月27日から行方不明となっており、社外のベトナム人数人も関与しているとみられるという。

 三洋によると、元常務は2008年7月~09年4月末、給与や材料費の支払いに使う銀行口座から、数回にわけて現金を引き出していた。引き出しのために、ホーチミン市内の銀行に直接出向いていたという。

 元常務は04年12月、三洋本社からこの子会社に出向した直後から財務責任者を務め、現金の出入りの管理を一手に担う立場にあった。本社に手持ちの現金額をごまかして報告していたため、三洋は不正に気づかなかったという。

 横領した8億円は、現地の労働者の年収1万人分に当たり、三洋は「私的に流用していた」としている。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090615-OYT1T00833.htm

『読売新聞』より


[8億円横領し愛人と逃避行…三洋電機社員の行く末]
「逃げられても2、3年」の声

 三洋電機のベトナム子会社役員が、約8億円を横領して行方不明となっている事件で、この役員が同棲していたベトナム人女性と逃亡していることが分かった。現地価値で90-100億円ともいわれる大金を手に、アジアを舞台にした“愛の逃避行”に走ったとみられる。定年を前に、一世一代の勝負をかけたサラリーマンに勝算はあるのか-。

 ベトナム・ドンナイ省公安当局に指名手配されているのは、三洋電機のデジタルカメラ製造子会社「三洋DIソリューションズベトナム」の財務担当役員、ニシムラ・セツオ容疑者(54)=5月29日付で懲戒解雇。2004年から出向していたが、昨年7月と今年4月、会社の銀行口座から2回に分けて計820万ドル(約8億円)を不正に引き出し、私的に流用していた疑い。同容疑者は4月27日から行方をくらましている。

 地元紙などによると、容疑者は日本に家族を置いて単身赴任、愛人関係にある現地女性(27)と数年前から同居し、多額の金を貢いでいたことが判明しているという。女性は容疑者から得た金でホーチミンやカンボジア、マカオのカジノに頻繁に出入りしていたほか、姉が経営するレストランに90万ドルの資金を提供、銀行口座に預金させていたとされる。

 警察は現在、姉と姉が経営するレストランの従業員2人を逮捕し、容疑者と女性の行方を追及している。従業員らは、姉の指示で容疑者から直接金を受け取っていたほか、女性がカジノで作った借金の返済も代行していたという。

 ベトナム赴任を機に、数千万円の退職金と安定した老後、そして家族を捨てた容疑者だが、実際に若い愛人女性と最後まで逃げおおせるのか。東南アジアに滞在歴がある元旅行会社社員は「絶対に裏切らない優秀なコーディネーターを雇えば、逃げ切れる可能性はある」と話す。

 「5年もベトナムに滞在し、愛人と同棲していたとなれば、英語はもとより現地語の日常会話も堪能なはず。闇ルートで精巧な偽造パスポートを入手し、戸籍も買ってしまえば、ベトナムと陸続きの東南アジア各国への入国は簡単。入国係官に多額の賄賂を渡せば大使館に連絡がいくこともない。マレーシアやタイあたりのリゾートで暮らすつもりなのではないでしょうか」

 とはいえ、現実は決してバラ色ではない。人目につかぬよう常におびえながらの生活を余儀なくされる。肉体的にも精神的にも“優雅な逃避行”というわけにはいかない。

 「一生どころか、向こう3世代が遊んで暮らせるほどの大金があっても、派手なリゾートライフを送ることはおそらく不可能。そのうえ、ベトナムの警察当局も国の威信をかけて捜索するだろうから、2-3年も逃げ通せればオンの字。愛人が裏切り、司法取引で警察に出頭すれば即逮捕ですし、それ以前に闇ルートに殺害されてしまう可能性もゼロではない」(同)

 被害者である三洋電機は「捜査にかかわることにつき、現地報道については一切お答えできませんが、事実と異なる内容が多いと認識しています。このたびの事件に関し、関係各位に多大なご迷惑とご心配をおかけすることを深くおわび申し上げます」(広報部)としている。

http://www.zakzak.co.jp/top/200906/t2009061731_all.html

『ZAKZAK』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/638-92bb522c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。