イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2009(H21).03.14(土) 【卵かけご飯】

【卵かけご飯】
「Citimart」に即席ラーメンを買いに行く。
あれれ、「出前一丁」がないぞ。
前回来たとき在庫が極端に少なくなっていたけど、もう販売されないのかな。

2009(H21).03.14(土) citimart

タイ製のものを購入。
前回と同じく、残ったスープにご飯と卵を加えることにする。 ※2/27(金)の記事
ところが女の子たちが驚いて「何やってるの!?」と言う。
「生卵を入れる」と言ったところ、「やめろ」と卵を取り上げられた。
「日本ではみんな食べる」と無理やり取り返す。
あきれた顔された。

日本以外では生卵を食べる習慣はほとんどないことは知っていたが、ここまで拒否反応があるとは。
後で「Wikipedia」を見たら、こんな記述が。

日本以外の文化圏で育った人にとって、生卵を食する習慣はカルチャーショックであり、時にはゲテモノ食と映る可能性もある。


ゲテモノって...
まあ、お寿司も知らなくて食べられなかった子たちだし、仕方がないか。

今「ねこまんま」ブームなんでしょうか。
日本にしばらく戻っていないので分かりませんが。

2009(H21).03.14(土) たまごかけごはん

[「卵かけ」の次は「ねこまんま」 男性に売れる「楽ちん料理本」]

卵かけごはんが空前のブームとなっているが、今度は「ねこまんま」が注目されている。「白いごはんに鰹節と醤油」が基本だが、バター、カップ麺、揚げ玉、ケチャップといった冷蔵庫にある材料も使って、いかにごはんをおいしくたべるか、というアイデアが満載だ。「ねこまんま」に特化した料理本も登場し、発売から1か月で2万冊以上が売れ、重版が決まった。

ごはん代を除いて1食約30円でOK

136種類もの「ねこまんま」を集めた料理本、「おとなのねこまんま」が話題だ。2009年1月22日の発売から1か月で2万冊以上が売れた。

購入者は10~30歳代が中心で、学生、主婦、会社員、と幅広い。材料の分量は適当で、火を使わずにできるという手軽さが男性にもうけ、購入者の3~4割を占める。通常の料理本の場合、男性購入者は1割程度だという。

かつおぶし系、みそ汁系、バター系、たまご系、調味料・薬味系など、のせる食材ごとに14分野にわたり紹介している。カップ麺を使ったジャンク系や、そばやうどんに入れる揚げ玉を使ったものなどの変わり種もあれば、ローカロリーの素材を使ったヘルシー系もある。

「お子様ランチ風バターまんま」は、あたたかいごはんにケチャップをかけ、コーンとバターをのせ、仕上げにパセリのみじん切りをふる。「じゃこ山椒のかつぶし茶漬けまんま」は、ごはんにかつお節をたっぷりかけて、じゃこ山椒をのせて、あったかい緑茶を注ぐだけ。特に珍しい食材を使っているわけではないが、「どんな味がするんだろう?」と興味をそそる。

「ごはん好き」のメンバー5人が立ち上げた「ねこまんま地位向上委員会」がレシピを考案し、料理専門家がアレンジした。

企画をしたアース・スター・エンターテイメント(東京都渋谷区)の担当者は、
「材料は冷蔵庫に普通にあるもので、ごはん代を除いて1食約30円でできます。この不況下で究極の節約レシピとしても支持を集めています。楽しみながら節約料理が作れるという点がポイントです」

と、PRする。

「楽メシ」系料理本08年末から相次いで出版

男性会社員が多く利用している有隣堂秋葉原店で、「おとなのねこまんま」をはじめ、ごはんを主役にした料理本が売れている。

「のっけめし」(竹書房)は、いろんな食材を使って和食、中華、洋食、エスニック風にアレンジした丼もの153レシピを紹介。「すぐ食べたい!!一膳ごはん」(成美堂)には卵かけごはん、お茶漬け、雑炊など155レシピが載っている。いずれも08年12月に発売された。

同店の売り場担当者は、こう語る。
「ごはんにちょっと手を加えるだけの『楽(らく)メシ』系の料理本が08年末から相次いで出版され、これまでに2000冊が売れました。新書タイプが多く、1000円前後という価格は料理本にしては安いので、男性にもお求めいただきやすいようです。08年には『おつまみ本』が流行りましたが、09年は『白いごはん系』がくる、と言われています。この手の本は今後、別の出版社からも出てくると思います」

家計を預かる主婦にとって、「ねこまんま」は節約メニューの王道だ。投稿サイト「クックパッド」には、いろいろなレシピが投稿されている。
○ おこげでねこまんま(投稿者キキkikiさん)
土釜でおこげごはんを2膳炊き、鰹節2つかみ、醤油大さじ1、塩少々を加えて、しゃもじでざっくりと混ぜる。
○  洋風ねこまんま(投稿者りんタムのママさん)
冷やごはんを茶碗に盛り、千切りのキャベツ、鰹節をのせる。鰹節に醤油をかけて、その上にとろけるスライスチーズをのせる。ラップなしで電子レンジで加熱する(600Wで約2分)。
○ ねこまんまスペシャル(投稿者はるちゃん)
あたたかいごはんの上に、たっぷりの削り節、海苔、大根おろし、一口大に切った筋子をのせ、醤油を少量たらす。

冷蔵庫の残り物をあれやこれやと試行錯誤して、オリジナル「ねこまんま」を作ってみるのも楽しそうだ。

http://www.j-cast.com/2009/02/28036543.html

『J-CASTニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/524-ad62fc00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。