イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ベトナム長年の悲願、交通事故死が激減 ヘルメット効果

次は交通マナーの向上をお願いします。
今日も青信号で横断歩道(ベトナムでは意味ないが)を渡っているとき轢かれそうになった。
バイクの後に乗っていた若い女性が後を振り向きながら「何アンタ?危ないじゃない!」と驚き半分でこちらを睨んでいた。
文化の違いで片付けられる問題なのだろうか。

[ベトナム長年の悲願、交通事故死が激減 ヘルメット効果]

 【バンコク=柴田直治】交通マナーの悪さがとかく指摘されるベトナムで昨年、交通事故の死傷者が大幅に減少した。一昨年末、モーターバイクの運転手と同乗者のヘルメット着用が法制化されたからだ。着用義務化は過去、国民の反発で何度も挫折してきたが、政府が今回、不退転の決意で取り組んだ。さらに電動自転車にも着用を義務づける法改正を進める構えだ。

 国家交通安全委員会がこのほど明らかにした08年の交通事故死者は1万1243人で一昨年より1557人、12.2%減った。負傷者は24.3%の減少だった。

 01年以降、毎年1万人以上が交通事故で死亡。その8割以上がバイクがらみだったが、事故時のヘルメット着用率は2%未満と低かった。

 政府はこれまでもたびたび義務化を試みたが、「暑い」「髪形が崩れる」と国民から不評で、ほとんど守られなかった。ところが人身事故の増加を世界保健機関(WHO)や世界銀行などから批判されたこともあり、07年12月15日、すべての道路で着用を義務づけた。

 違反者のバイクを最長3カ月没収、最高20万ドン(1400円)の罰金を科した。政府首脳もキャンペーンの先頭に立った。この結果、ハノイやホーチミン市の街中でほとんどみかけなかったヘルメット姿が今や常識になった。

http://www.asahi.com/international/update/0227/TKY200902260303.html

『朝日新聞』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/508-9bc0fb16
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。