イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

IPA職員の私物パソコンによる情報流出について

こういうの「医者の不養生」っていうんでしょうか?
「社内セキュリティ、社員が最大のセキュリティホールだった」
こんな標語がありましたが、社内ネットワークの構築・管理を担当していたときはこのことを痛感していました。

IPA職員の私物パソコンによる情報流出について

2009年1月5日更新
2009年1月4日掲載

独立行政法人情報処理推進機構

 当機構職員が自宅において保有する私物のパソコンでファイル交換ソフトを使用した結果、コンピュータウイルスに感染し、パソコン内の情報が流出したという事実を確認しました。
 これにより、当該職員に関わる個人情報等や一部の公開画像が流出したと見られます。他方、これまでの調査では、当機構の業務関連の非公開情報は含まれておりませんが、さらに確認を行っているところです。
 当機構は、情報セキュリティ対策を推進しており、ファイル交換ソフトの利用の危険性についてもかねてから注意喚起を行ってきたところです。今般このような事態が発生したことについて、陳謝申し上げるとともに、職員の私物パソコンにおけるファイル交換ソフトの使用を禁止するなど、再発の防止に全力を尽くしてまいります。

http://www.ipa.go.jp/about/oshirase/20090104.html

『IPA独立行政法人情報処理推進機構』のWebページより


[情報流出対策職員“赤恥”…自身半裸写真など流出 ]

 ファイル交換ソフトによる情報流出対策を指導する立場の独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA、東京・本駒込)に所属する30代男性職員が、自らファイル交換ソフトを使用して違法ダウンロードを繰り返したあげく、自身の恥ずかしい写真を含むデータを多数流出させていたことが5日までに分かった。IPAは情報流出被害に関する相談窓口を開設、安全なパスワード設定方法などを指導しているが、“灯台もと暗し”とも言える職員の失態に、関係者の衝撃は大きい。

 ファイル交換ソフトを通じて職員の個人パソコンから流出したデータは1万件以上。その中には人気アニメや有名芸能人のほか、複数のAV女優、「無修正」「ごっくんゴックン」「輪姦倶楽部」といったハレンチワードがズラリ。さらに、過去の有名な流出事件の被害女性の画像を鑑賞していた形跡や、知人女性と性行為後に撮影した互いの半裸画像、結納時の集合写真も流出した。

 IPAは産・学・官が連携し、国の施策にもとづいた情報セキュリティー対策を推進する経済産業省系の独立行政法人。サイトではファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」に関する「緊急相談窓口」を開設しているほか、「破られないパスワード」の設定方法も“指導”している。だが、職員の指導は不十分だったようで、データを流出させたうえ、パスワードでロックされていた一部のデータも、簡単に破られてしまった。

 この職員は早大政経学部卒。インターネット技術に関する卒論で表彰され、プログラミングに関する専門書も執筆している“専門家”。複数のソフト会社を経てIPAに勤めていた。

 IPAの担当者は夕刊フジの取材に対し、「事態を把握したのは4日の深夜。職員本人に、流出が間違いないことも確認した。職員は非常に動揺し、反省している。5日に再度事情聴取するが、脇が甘かったと言われれば返す言葉もない。陳謝申し上げるとともに、再発の防止に全力を尽くしてまいります」と謝罪した。

http://www.zakzak.co.jp/top/200901/t2009010510_all.html

『ZAKZAK』より


IPA職員の私物PCから情報流出 「Share」経由か

IPAの職員の私物PCからファイル交換ソフトを介し、プライベート写真などが流出した。「Share」経由とみられる。

 情報処理推進機構(IPA)は1月4日、職員が私物PCでファイル交換ソフトを使用してウイルスに感染し、同職員のプライベート写真や友人のメールアドレスなどが流出したと発表した。

 流出の原因となったソフトは「おそらくShare」(IPA広報部)で、流出したのは12月ごろとみられる。情報の中には、「IPAフォーラム」表彰式の写真があったが、IPAの業務関連の非公開情報は含まれていないという。

 1月4日に一般のネットユーザーからWebサイトの問い合わせページで指摘を受けて発覚した。IPAは、職員が業務用PCでファイル交換ソフトを使用することを禁止し、私物PCでも使わないよう注意喚起してきたが、同職員の私物PCにはShareのほか「Winny」もインストールされていたという。

 IPAは、情報セキュリティ対策の推進やIT関連の人材育成などを行う独立行政法人で、「Winny」を介した情報漏えいに関する電話相談窓口も開設している。「陳謝申し上げるとともに、再発の防止に全力を尽くす」としている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/05/news054.html

『ITmediaニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/442-5f1e5205
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。