イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ベトナムで二重国籍可能に 「越僑」の経済力活用が狙い

私の知り合いにも難民として日本国籍を持っている方がいます。
現在は土地の取得ができないので、家族名義で不動産を所有しています。
個人的には私も投機目的でなく不動産所有をしたいと思いますが、難しい問題ですよね。
在越中国人に不動産取得を認め、彼らの投機によって不動産の異常高騰を招いた事実があるわけですから。

[ベトナムで二重国籍可能に 「越僑」の経済力活用が狙い]

 【ハノイ13日共同】ベトナム戦争後の共産党支配から逃れ、海外に渡った在外ベトナム人(越僑)とその家族ら約350万人が、現在の居住国とベトナムの国籍を同時に保持する「二重国籍」が可能になった。このほどベトナム国会が改正国籍法を可決、来年7月に施行される見通しだ。

 法改正は、ベトナムへの送金が年60億ドル(約5500億円)に上り、国内総生産(GDP)の1割弱を占める越僑の経済力活用が狙い。また、米国の支援を受けて戦争を戦った旧南ベトナム出身者が多い越僑との民族的和解を促進するとみられる。

 越僑は、米国に最多の150万人が居住。次いでフランスに30万人、オーストラリアに25万人が住む。政府は越僑が国籍を取得すれば、外国人に対し規制の強い不動産取得などが容易になると説明。投資や事業受け入れを拡大したい考えだ。

 海外の越僑からは「ベトナムの経済発展で実現した好機」(米国在住者)、「帰国して事業を始めやすくなる」(ブルガリア在住者)との声が上がっている。

http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008121301000318.html

『共同通信』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/416-f1acc105
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。