イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

通年の外国人訪問者数、前年割れ必至に

物価の高騰により確実にベトナムの観光および投資への魅力度が落ちていますね。
観光へはインフラだけでなく内容も含め整備が確実に遅れています(特にホーチミン市)。
投資については2,3年は増加傾向にあるとしても、このままでは確実にブームで終わってしまいますね。
ちょっと長いですが、過去の観光客についての記事も載せておきます。

[通年の外国人訪問者数、前年割れ必至に]
2008/12/03 15:57 JST配信

 観光総局によると、11月にベトナムを訪れた外国人の数は約27万9900人で、前月より5.7%減少した。1~11月の訪問者数は約387万8000人と前年同期に比べ1.1%の微増にとどまった。目的別でみると、ビジネス目的の入国者が約77万7500人と前年同期比31.3%増と伸びているのに対し、観光目的は1%の微増、その他の目的は大幅に減少している。国別の訪問者数は、中国、韓国、米国、日本、台湾の順に多いが、韓国、日本、台湾からの入国者が前年同期より4~6%減少している。通年の外国人訪問者数が昨年実績の422万9000人を超えるのは難しい状況だ。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/081203035157.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[海外からベトナムへの旅行費用が30%以上上昇]
2008/08/07 18:24 JST配信

 各旅行会社によると、海外からベトナムへの旅行費用が昨年に比べ30~40%も増加しているという。各航空会社の燃料サーチャージ引き上げで航空運賃が20%以上上昇しているのに加え、国内の4~5つ星ホテル宿泊料も10~30%値上がりしている。さらに、移動用のバス運賃、レストラン代、ベトナム人ガイドに支払う料金なども値上がりしている。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/080807040509.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[上半期外国人訪問者、前年同期比8.1%増]
2008/07/31 10:13 JST配信

 観光総局によると、上半期(1~6月)にベトナムを訪れた外国人の数は前年同期に比べ8.1%増の約230万人だった。このうち、観光目的の入国者は6%増の約140万人。

 観光客数の多い国・地域からの訪越者は、軒並み減少傾向にある。中国は前年同期比7.6%減の25万4000人、韓国は同6.6%減の24万5000人、アメリカは同3.8%減の21万人、日本は同3.6%減の20万人。

 その一方、アセアン諸国からの訪越者は急増しており、前年同期に比べシンガポールは30%増、タイ53%増、マレーシア25%増、フィリピン60%増。その他の地域で増加が目立つのは、スウェーデンの26%増、フィンランドの60%増、ロシアの15%増など。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/080729113835.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[ホーチミン:高級ホテルの客室数、不足の見込み]
2008/06/24 08:20 JST配信

 ホーチミン市観光局によると、同市では2012年までに3~5つ星クラスのホテルの客室数1万7000室が必要になるという。これは外国人観光客500万人を含む年間観光客数1200万人の需要に応えるため。しかし、現在のペースのままでは1万2000室の確保がやっとで、5000室が不足する見込みだ。

 今年5月末現在、同市では5つ星ホテル11軒、4つ星ホテル8軒、3つ星ホテル28軒が営業している。市がこれまでに認可した3つ星以上のホテル建設案件は16件あるが、来年末までに営業開始見込みなのは3件のみ。これとは別に、投資認可待ちの案件が22案件あるという。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/080622015534.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[1~5月の外国人旅客数 前年同期比16.6%増]
2008/06/02 17:22 JST配信

 今年1~5月にベトナムを訪れた外国人旅客数は、前年同期比16.6%増の210万人に達した。このうち空路を利用した入国者は同7.6%増の約150万人で、全体の72.7%を占めている。入国目的では、観光が同15.6%増の約130万人、ビジネスが同52.6%増の38万9400人。国別では中国が35万2200人でトップ、2位はアメリカの19万5100人だった。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/080602033632.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[ベトナムはタイの強力なライバルになるか?]
2008/04/26 09:17 JST配信

 タイの日刊英字新聞「バンコクポスト」紙は18日付けで、ベトナムがサービス業の分野でタイの強力なライバルになるとの予測記事を掲載した。この記事は、不動産コンサルタント会社コリアーズ・インターナショナルの専門家の「ベトナムはタイに似て多くの魅力的なビーチがあり、高級リゾートが増えている。世界貿易機関(WTO)加盟後、外国投資の環境が整って、投資の規模・件数ともに増大している。インフラの面ではまだタイに及ばないが、近い将来その差は急速に小さくなるだろう」との発言を引用している。

 周辺諸国の中で、タイはサービス業の分野で先頭を切っている。特に観光リゾート分野では価格・品質ともに競争力が高い。昨年タイを訪れた外国人観光客の数は1450万人に上っている。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/080424055436.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[ホーチミン:2007年の外国人観光客数延べ270万人]
2008/01/02 08:47 JST配信

 ホーチミン市観光局によると、2007年にホーチミン市を訪れた外国人観光客数は前年に比べ14.8%増の延べ270万人、観光収入は同45%増の24兆ドン(約1700億円)に達する見込みだ。

 観光客が最も多い国・地域は、アメリカ、日本、台湾、韓国、オーストラリア、中国、シンガポール、フランス、マレーシア、カナダの順で、いずれも前年より10~15%増加している。上位10カ国以外では、ロシアからの観光客が75%という著しい増加率を見せている。なお、同市観光部門は2008年の外国人観光客受け入れ目標を300万人に設定している。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/071229075421.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[今年の外国人観光客 430万人の見通し ]
2007/12/13 09:33 JST配信

 観光総局によると、今年ベトナムを訪れる外国人観光客は昨年に比べ70万人多い約430万人に達する見通しだ。観光客が多い国と地域は、中国、韓国、アメリカ、日本、オーストラリア、フランス、タイ、カンボジア、マレーシア、シンガポールの順。ニュージーランド、ベルギー、オランダ、イタリア、スペインなどからの観光客はまだ多くはないが、今後の増加が期待されている。

 また、外国人観光客の消費による観光収入は、2005年の23億米ドル(約2500億円)から2006年には28億5000万米ドル(約3100億円)に増加、今年は約35億米ドル(約3850億円)に達する見込みだ。

 観光総局によると、ベトナムは通常の旅行と並んで、会議・研修・展示会などに参加する旅行形態「MICE」の訪問先としても人気を集めているという。特にハノイ市、ホーチミン市、南中部カインホア省ニャチャン市、北部クアンニン省ハロン市などが注目されている。今年1~11月のMICE形態の旅行者は前年同期より30%増加している。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/071208053045.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[外国人観光客の不満、トップはタクシーと行商人]
2007/08/22 10:24 JST配信

 ベトナムを訪れた外国人観光客の多くが不満を感じる点は▽航空・鉄道▽入国審査・税関▽小売店・行商人▽タクシー▽各種ツアーのサービス内容-の5つで、その中でも特に不満の声が多いのは、タクシー運転手と行商人。

 これは、観光総局によるベトナム観光人材開発プロジェクトの一環として、ドイツの第三者認証機関TUVラインランド・ベトナムが実施した調査結果の一部で、16日にハノイ市で開催された「観光意識向上セミナー」で発表されたもの。

 不満理由を個別に見ると、タクシーに関しては44%の観光客が、料金の不正請求、メーターの不備、お釣りがないことなどを理由に挙げた。また小売店・行商人に関しては39%が、押し売り、不適正な価格設定、価格表示がないことなどを不満に感じている。このほか航空・鉄道、税関に関しては、時刻表どおりに運行されないこと、煩雑な手続き、情報不足、サービスの質が低い割に料金が高いことなどを不満理由に挙げている。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/070821075957.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[外国人観光客の70%は「ベトナムにはもう来ない」]
2007/08/17 07:18 JST配信

 国内観光業界が2006年からこれまでに調査した結果によると、70%以上の外国人観光客がベトナムに今後来ることはない、と回答したという。ベトナムは2010年に外国人観光客600万人達成という目標を掲げているが、この状態が続けば計画に大きな影響がでることが予想される。

 旅行先を選ぶ際には少なくとも3つの要素、すなわち、観光地、宿泊施設、娯楽施設がどれだけ充実しているかが重視される。ベトナムの観光業界は、いずれの要素も決定的に不足している。
 
 観光地の開拓は少しずつ行われているが、名所や文化遺跡への投資はあまり行なわれていない。宿泊施設はベトナムには3~5つ星のホテルが8556カ所(部屋数17万551室)あるが、4~5つ星のホテルは94カ所(部屋数1万5967室)にとどまる。一方、先進国からの外国人観光客は1日当たり1万3000人に達しており、部屋数が不足しがちとなっている。

 部屋数の不足はホテルの宿泊費を押し上げており、この2年間で30~50%上昇し、中には200%アップしたところもある。これに伴いベトナムへのツアー価格も大幅に上昇し、周辺諸国と比べ競争力が低下しているのが現状だ。

http://www.viet-jo.com/news/tourism/070815055244.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/401-fac9e647
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。