イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ホステス嬢に暴行の女性裁判長、罷免処分に

こういう記事って普通、「バカだな~」と思うのですが、ベトナム女性について言えばまったく普通です。
知らない人は「大げさな」とか「話をおもしろくしている」などと思うでしょうが、ベトナムで生活していると下記のようなことが実際にあるのは分かります(現実の話も含めよく聞きます)。
ベトナム人女性の異常なヤキモチ焼きは女性も含め認めています。
唯一「そんなことはない」と否定した現地の女性がいました。
一度しか会ったこのない女性ですが、彼女いわく「愛情の表現であって、『やきもち』とは違う」とのこと。
目が怖かった。

[ホステス嬢に暴行の女性裁判長、罷免処分に]
2008/12/08 08:32 JST配信

 ホーチミン市最高人民裁判所は2日、東南部ビンフオック省人民裁判所のグエン・レ・ラン裁判長を罷免し、その後任としてホーチミン市最高裁再審裁判所元判事のグエン・ヒュー・チー氏を任命した。ラン氏は異動になるが、新しい職場はまだ決まっていないもようだ。

 ホーチミン市最高裁はすでに、ラン氏によるホステス嬢への暴力行為(※関連ニュース参照)が裁判所の威信を傷つけたとして、ラン氏に戒告処分を出している。また同氏の夫でビンフオック省党委員会幹部(当時)のチャン・フンさんも、党中央統制委員会により党委員を解任されている。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/081205075821.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[女性裁判長、ホステス嬢の頭をビール瓶で殴る]
2008/04/04 11:14 JST配信

 3月27日午後4時ごろ、東南部ビンフオック省ドンソアイ町のカラオケ店で、同省裁判所の女性裁判長が夫のテーブルにいたホステス嬢の頭をビール瓶でなぐりつけてけがを負わせる事件が起きた。

 同日午後、同省党委員会幹部のチャン・フンさんが友人2人とカラオケ店でビールを飲んでいるところに、フンさんの妻で同省人民裁判所裁判長のグエン・レ・ランが乱入し、フンさんの隣に座っていたホステス嬢のリンさんを激しくののしった。怒りが収まらないランはさらにビール瓶でリンさんの頭部を殴りつけてけがを負わせた。

 ラン裁判長は警察に身柄を拘束されて取り調べを受けている。夫婦共に公職の身であるにもかかわらず、執務時間中にカラオケ店でビールを飲んでいた党幹部の夫、そこに乗り込んで暴力行為を働いた裁判長の妻に世論は厳しい目を向けている。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/080402054243.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[ホステス嬢にけがさせた女性裁判長は行政処分のみ]
2008/04/25 07:38 JST配信

 東南部ビンフオック省警察は16日、同省の党省委員会に対し「先月27日に同省ドンソアイ町のカラオケ店で同省裁判所のグエン・レ・ラン裁判長がホステス嬢リンさん(20歳)にけがを負わせたのは事実」との報告を行った。

 しかしけがを負わせた経緯については、ラン裁判長の夫で省党委員会幹部のチャン・バン・フン氏に親しく振る舞ったリンさんへの怒りから暴力に訴えたのではなく、「夫に腹を立てビール瓶で殴ろうとしたが、手が滑って隣にいたリンさんにあたった」との結論を出した。この事件についてリンさんは特にラン裁判長を訴えることはしないとしている。

 また、ラン裁判長夫婦がリンさんの雇い主であるカラオケ店のオーナー夫婦とけんかとなり双方が軽いけがをした問題についても、店側から被害届は出されなかった。このため、ドンソアイ町警察はラン裁判長を刑事告発せず、公共秩序を乱す行為をしたとして行政処分にとどめる決定を行った。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/080422054729.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/390-1a47a2c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。