イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

日本政府、対越ODAを一時凍結

当然です!

[日本政府、対越ODAを一時凍結]

 4日にハノイ市で開かれたベトナム支援国会合(CG会合)で、坂場三男駐ベトナム日本国大使は、日本政府は2008財政年度上半期の対越政府開発援助(ODA)を一時凍結したと発表した。日本政府はこの期間の対越ODA額を653億円に引き上げることを公表していたが、建設コンサルタント大手パシフィックコンサルタンツインターナショナル(PCI)が絡む贈収賄事件が発覚してからすべての手続きが停止されている。

 坂場大使は「日越ODA腐敗防止合同委員会が効果的な汚職防止策を実施するまでの間、日本国民はベトナムに対する援助を支持しないだろうし、日本政府も新たな援助を約束することはできない」と述べた。

http://www.viet-jo.com/news/enterprise/081205040523.html

『VIETJOベトナムニュース』より


[ベトナム支援額が減少 世銀など]

 【ハノイ支局】世界銀行などがハノイで開いたベトナム支援国会合は5日、総額50億ドルの支援を表明し終了した。昨年より約4億ドル減った。最大支援国の日本は、政府開発援助(ODA)に絡んだ贈賄事件へのベトナム側の対応が不十分だとして新規の支援表明を先送りした。

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20081205AT2M0504A05122008.html

『日経新聞』より


[ベトナム支援額が減少 日本の表明先送りで ]

 ハノイで開かれていたベトナム支援国会合は5日、世界銀行や欧州連合(EU)などが、総額50億ドル(約4600億円)の支援を表明して終了した。最大支援国の日本が支援表明を先送りしたことで、昨年より4億ドルの減少。

 日本政府は、日本の大手建設コンサルタントによる贈賄事件で、収賄側のベトナム南部ホーチミン市幹部らの処分が終わっていないことなどを理由に、新たな政府開発援助(ODA)の表明を先送りした。(共同)

http://www.usfl.com/Daily/News/08/12/1205_025.asp?id=66004

『USFL.COM』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/381-a7dcde3c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。