イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ホーチミン市:「黄金の三角地区」入札結果を調査

ここです。
異常な地価がつきました。

2008(H20).11.21(金) 黄金の三角地区01

これがちょうど一番鋭角な部分のところ。

2008(H20).11.21(金) 黄金の三角地区02 2008(H20).11.21(金) 黄金の三角地区03

この一帯には路上の店があったりします。
こういうのがなくなっていくのは寂しいですね。

2008(H20).11.21(金) 黄金の三角地区04 2008(H20).11.21(金) 黄金の三角地区05

[ホーチミン市:「黄金の三角地区」入札結果を調査]
2008/11/21 10:17 JST配信

 政府監察院は17日、ホーチミン市1区のチャンフンダオ通り・ファムグーラオ通り・グエンタイホック通りに囲まれた一等地、いわゆる「黄金の三角地区」開発案件の投資主体を決定するために実施された入札競売について、落札者決定プロセスに違反行為がなかったかどうかを調べる調査班を設置することを決めた。調査期間は30日間で、結果をグエン・タン・ズン首相に報告する。

 「黄金の三角地区」の面積は約1万3000平米で、55階建てのオフィス・商業センター兼高級ホテルが建設される予定になっている。この案件については、2007年9月に同市人民委員会が入札競売評議会を設置、カインザー共同企業体(カインザー社・サンヨン社・ドーサン社・プンキュン社)とタイソン共同企業体(タイソン社・チータイン社・アインズオン社・ベトナム投資開発銀行(BIDV)・BIDVランド社・ハンワE&C社・ハンシンE&C社、ハンワガレリア社)の2社が入札し、タイソン側が落札した。同市人民委はこの結果を承認したが、カインザー側は落札者決定のプロセスに疑問が残るとして入札競売評議会と同市人民委に対して調査を求めていた。

http://www.viet-jo.com/news/social/081120065337.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ホーチミン:「黄金の三角地区」の投資主体決まる]
2008/04/22 11:08 JST配信

 ホーチミン市人民委員会は11日、1区のチャンフンダオ通り~ファムグーラオ通り~グエンタイホック通りに囲まれた一等地、いわゆる「黄金の三角地区」開発案件の投資主体を決定する入札競売の結果を承認した。

 それによると、同地区開発案件の投資主体は、8企業(タイソン社、チータイン社、アインズオン社、ベトナム投資開発銀行(BIDV)、BIDVランド社、ハンワ(Hanwha)E&C社、ハンシン(Hanshin)E&C社、ハンワガレリア社)から成るタイソン合弁会社。総投資額は4兆9180億ドン(約310億円)。同社は同地区に55階建てのオフィス・商業センターを建設する予定。

 なおこの入札競売の結果をめぐっては、落札できなかった企業が疑問を投げかけるなどの動きがあったが、同市人民委は当初の結果をそのまま承認している。

http://www.viet-jo.com/news/economy/080420014541.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/347-ae58692e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。