イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

ベトナム:道路インフラ、2020年までに600億ドル超を投資

ホーチミン市の道路事情は悪いですね。
技術的な問題の前に、左折信号(日本での右折信号)や左折レーンがないなど修正すべき点がたくさんあります。
交差点で双方の車(と多数のバイク)が入り乱れまったく動かなくなる状況など本当に「何を考えているんだ」という気持ちになります(というより何も考えていないからそうなるのか)。
モラルに期待するのは無理ですね。
ただ信号などが整備不足なのも一端だとは思われます。

[ベトナム:道路インフラ、2020年までに600億ドル超を投資]

 交通運輸省がまとめている2020年までの運送総合計画では、道路インフラへの投資総額として約1,000兆ドン(約625億ドル)が見込まれている。年平均の投資額は66兆ドン(約41億2,500万ドル)、うち高速道路へ年間22兆ドン(約13億7,500万ドル)を投じる。現在の2倍以上になる見込みだ。

 道路交通局のMai Anh Tuan副局長によると省は今後、交通管理基金の設立を政府に提案し、国家予算や国債の発行など様々な資金源から調達する。政府は道路インフラ、特に高速道路への投資優遇策を整え、投資誘致を一層強化していく。

 交通運輸省の資料では、ベトナムには現在、25万6,000kmの道路があり、うち20万kmは都市道路で、道路密度は0.78km/k?、人口1,000人あたりでは3.09kmとなっている。密度は近隣諸国と比べ低くなく、ここ数年で道路の質も大きく改善されているが、国道と省道の密度のみを考えると、ベトナムは地域各国より低く、道路技術も劣る。さらに道路開発が交通手段の増加に追い付いていないことで、交通渋滞は日々深刻化している。

 2007年、国内には公共バス110万台超、乗用車24万3,000台、バイク2,100万台が走行しており、バイクは年平均16%、乗用車は同10%増えている。2020年までに各種自動車は280万~300万台、バイクは3,300万~3,600万台に達すると見られている。

http://www.hotnam.com/news/081108121952.html

『HOTNAM!』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/313-5020b588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。