イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).10.30(木) 【国際小包(船便)】【出入国(入出国)カード】

【国際小包(船便)】
先週の土曜日に日本からの「国際小包(船便)」の通知が来た。 ※10/25(土)の記事
月曜日にでも取りに行きたかったが、ぶっ倒れたので今日になった。
まだ体調はすこぶる悪いが。

前回と同じ場所。
受付の人も前回の無表情の女性とは違って感じがよい。
パスポートを渡す。

イスに座って、順番を待つ。
前回は1時間待たされた。
暇つぶしに『旅の指さし会話帳』をパラパラながめる。
すると後から「すみません、日本人ですか」と片言の日本語で話しかけられた。
若い女の子。
"Đông Du(ドンズー、ドンユー)日本語学校" で日本語を勉強したとのこと。
ただ日本語で会話するのにはムリなレベル。
ベトナム語もまじえ会話。
携帯の番号聞かれた。
若い女の子は100%番号を聞いてくる。
男や30代以上の女性からも声をかけられるが、必ずしも番号を聞かれるとは限らない。
みんな化粧もしていない女の子たちばかり。
遊んでいるようには見えない。
実際連絡も来るから不思議。
この辺はよく理解できない。

15分ほどで名前を呼ばれる。
今回関税はかからなかった。
前回2008年2月末に、本を30冊以上船便で送った時の関税は 30,000 VND (当時のレートで約191円)だった。
パスポートだけでなく出国カードの提出も要求された。
関税を支払うとカードのスタンプ部に関税を支払った旨記入された。
EPA(経済連携協定)交渉などもあり、ようやく改善されてきたのか?
それとも金額の総額を1USDとしたから?
いずれにしても今回だけでなく、今後も関税なしでお願いしま~す。

2008(H20).10.30(木) 郵便局 2008(H20).10.30(木) E/Dカード03

【出入国(入出国)カード】
今回「出入国(入出国)カード」いわゆる「E/D card(Embarkation/Disembarkation card)」について言及したのでもう少し突っ込んだ有用だと思われる記載を。

飛行機内で下記の紙(1枚で3ブロックに分かれている)が渡されます。
「入国カード」と「出国カード」が一緒になっています。
もらい損ねても空港で手に入るのでご安心を。
写真は表と裏です。
入国審査の後、手荷物を受け取ってX線検査をする前に「入国カード」が回収されます。
「出国カード」((4)と(5)の部分)は切り離してこちらへ渡してくれます。
このカードは税関手続きおよび出国の際必要ですので失くさず保管しておいてください。

2008(H20).10.30(木) E/Dカード01 2008(H20).10.30(木) E/Dカード02
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/286-07695e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。