イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).03.19(水) 【長旅】【昼食】【デズモンドの家】【語り合い】【市場】【チャイ】【帰宅】【夜食】

【長旅】
昨日知り合った “Desmond(デズモンド)” の家へ行く。
彼の家は12区で、HCMC(ホーチミン市)のメインである1区からはかなり遠い(私の持っている複数の地図にも12区は載っていない)。
"Chợ Bến Thành(ベンタイン市場)" のバスターミナル(1区のバスの多くはここが起点になっている)から18番にのって35分くらいとのこと。
"Chợ Bến Thành(ベンタイン市場)" までオフィスから徒歩30分くらい。
昼の暑い中てくてく歩く。
ターミナルで18番バスに乗る、そして出発。
しばらく乗っていると昨日の大学の前のバス停を経由。
あらら、ここだったらオフィスから10分くらいなのに(大幅なロス)。
35分と言われた道のりは結局1時間かかりました。
メインの道路は整備されていますが、郊外なので車やバイクも比較的少なく静かです。
VND 3.000(本日のレートで約19円)。

2008.03.19(水) 12区

【昼食】
バス停に到着し、Desmondに連絡して迎えにきてもらう。
近くの “Cơm Bình Dân(飯屋)” で昼食を購入。
驚いたのは、ここはベジタリアン用の店だということ。
Desmondはベジタリアンではないが、ここはおいしいと言う。
揚げ春巻きやらいろんなものがあるが、肉を使っていない。
普通の “Cơm Bình Dân(飯屋)” の倍以上のラインアップ。
びっくりしたのはおいしいこと(代替品で物足りないという感覚は全くゼロ。それ以上に通常の安い “Cơm Bình Dân(飯屋)” と違って上品な味)。
それでいて安い。
1区にもないかな、こんな店。

2008.03.19(水) 昼食を購入した店 2008.03.19(水) 店員

屋上のテラスで2人とも上半身裸になってビールを飲みながらランチ。
普段飲まないビールを4,5本飲み、メシを追加購入しに行く。
たらふく食った。
Desmondに出してもらったので出費ゼロ。

2008.03.19(水) Desmondと昼食

【デズモンドの家】
3階建てのお洒落な家。
彼は他にもベトナム中部最大の商業都市 "Đà Nẵng(ダナン)" に家を所有。
ここ8ヶ月で価格はともに30%上昇したそう。
ファンさんも物件の運用だけで月80~100万の収入があるそうです。
ベトナムの不動産は買いですな。
購入をお考えの方は是非、InitialSite Vietnamまで。
...とまだ法人登記済んでいないからまだ営業できないんだよな~。

2008.03.19(水) Desmondの家

http://vietnam.initialsite.com/

近所のおばちゃんたち。
毎日カードをやっているそうです。
ちなみにこのカード、漢字(中国語)が書いてあります。

2008.03.19(水) カードをする近所のおばちゃんたち

近くの学校の子たち。
みんな素朴で可愛い。

2008.03.19(水) 学校の子供たち

【語り合い】
Desmondといろんなことを語り合う。
ベトナムでのトラブル・お互いのこと・ビジネスについて・夢etc.。
話は尽きない。

昨日大学で出会ったとき、オーストラリア出身と言われた。
でも顔はインド系だし、何よりずっと喋っていてもオージー訛りがない。
聞いたらやはりインド生まれとの事。

昨日知り合った時、オーストラリアには日本人観光客がたくさんいると言っていた。
ちょっと意外だったのは今日「お前みたいなフレンドリーな日本人は初めてだ」と言われたこと。
「日本人観光客は俺みたいな黒い肌の人間に決して話しかけてこようとしない」みたいなことを言う。
おい、おい、日本人観光客はそんな話しかけないって。
一般的な日本人はいわゆる人種的な差別感情は持っていないこと、日本語という単一な言語の上、他民族国家ではない特殊性における外国人への接し方および基本的にシャイであることを説明。
「日本人を誤解しないでね」って念を押しておきました。
でも私がフレンドリーって、単に何も考えていないだけ。
たかだか昨日15分ほど話した私を自宅に招いてくれたアナタの方がフレンドリーよ。

ベトナムでのトラブルの話は結構ショック。
目の前でバイクが盗まれたこと。
一昨日もナイフをもった2人組みにネックレスをひったくられた!
180cm以上でガタイの良いDesmondでさえ狙われるんだもんな。
またこんなことも。
近所の子供(9歳の妹と10歳の兄)がDesmondの家に入ってきて、自由にさせていた。
Desmondが上半身裸で洗濯をしていると9歳の女の子が体を触っていろいろ気を引こうとする。
ビックリして「何だ?」と変に思う。
10歳の兄がいない。
Desmondがベッドルームへ向かおうとすると妹がベトナム語で叫ぶ。
体中に現金を詰め込んでいる兄がそこにいた。
ああ、怖い。

こっち来てから危ない目に全く遭っていないな。
ATMにキャッシュカード忘れたくらい(それも次の日戻ってきたし)。
アメリカ・メキシコ・中米7カ国を半年回ったときも、出発の成田空港で財布落としたくらいだしな(落としたのに気づいた直後、アナウンスされて戻ってきた)。
気を引き締めなきゃ。

【市場】
3時間以上話し込んで、市場へ。
夕方で、一部は閉まっていました。

2008.03.19(水) 市場正面 2008.03.19(水) 市場沿いの道

【チャイ】
奥さんの “Thủy(トゥーイ)” が仕事を終え帰宅。
彼女はオーストラリアの会社に勤務。
それでオーストラリアでDesmondと知り合ったそうです。
Desmondは去年の7月からベトナムの建国記念日(私の誕生日と一緒)の2ヶ月間3区に住んでいたそうです。
そしてこの物件を購入。
いったんオーストラリアに戻り、今月ベトナムへ来たばかり。
その間の数ヶ月間はThủyがひとりで住んでいたそうです(彼女は心細かったと言っていました)。
彼女もとってもフレンドリー。
3人で話が弾む。
しかしチャイとビスケットは合いますね。

2008.03.19(水) Desmond & Thuy

【帰宅】
観光客の多い1区と違って、ここは郊外。
外国人は珍しい。
歩いていると小さい子供たちはみんなDesmondに「ハロー、ハロー」と言ってくる。

2008.03.19(水) 近所の子供たち

バスで帰ろうとしたが、"xe ôm(バイクタクシー)" で帰ることを勧められる。
Thuyが交渉してVND 40.000(約248円)とのこと。
面倒でもバスで帰ってみたい私。
『バスに乗るよ』というやりとりを見ていた "xe ôm(バイクタクシー)" の親父、VND 30.000(約186円)に値下げしてきた。
時間的にも最終バスがあるか怪しいのもあって結局乗ることに。
しかし、遠い。
VND 30.000(約186円)は恐らく現地の人にとっても安いはず。
VND 50.000(約310円)札出したらおつりをきちんと出してきた。
ありがとうの気持ちをこめてVND 10.000(約62円)チップ。
VND 40.000(約248円)。

【夜食】
小腹が空いたので近くの店で "mì(中華麺)"を食べる。
でもスープがイマイチ。
量も少ないのに高い。
他の路上の店に行けばよかった。
23:00過ぎなのに混んでいるのは何故?
私の味覚が違うのかな?
隣でいろいろ教えて、世話してくれた女の子がいた。
食べ終わる直前に店の人に呼ばれると「bye bye」と私に言い、行ってしまった。
写真撮ろうと思ったのに残念。
VND 26.000(約161円)。

2008.03.19(水) ミー 2008.03.19(水) ミーを食べた店

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/28-e51b922a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。