イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

製造業は冬!メイドイン「インド」「ベトナム」の時代へ―中国

ベトナムの物価上昇状況から見ても、中国に対して明確なコストメリットが出せるのもせいぜい10年ほどだと思います。

[製造業は冬!メイドイン「インド」「ベトナム」の時代へ―中国]

2008年10月24日、労働集約型の中国の製造業界は、人件費の値上げなど従来からの問題に加えて、世界的な金融危機の影響による注文の減少、さらには新興国からの追い上げを受け、今まさに冬の時代に直面しようとしている。「21世紀経済報道」が伝えた。

このほど香港で行われた大型商談会では、中国製品の価格について「昨年に比べてかなり高い」「ベトナムやインドの製品のほうが魅力がある」などの意見が多く、あるアンケートによると、71%のバイヤーが「1年内に中国以外の購入ルートを開拓する」とし、そのうちの60%がベトナムを、53%がインドを選択する計画だとしている。また、中国の製造業界に求めるものとして、90%以上が「品質の向上と魅力ある価格」と回答しているという。

中国の製造業界は、ここ数年の元高や、人件費の値上げ、品質の問題などに加え、新たに金融危機による欧米との取引減少や、新興国の追い上げなどの問題に直面し、関係者は「業界の危機はまだ始まったばかりで、真の不況は来年以降だ」と厳しい予測をしており、いまや「成長」ではなく「生存」が業界の共通目標になっているともいわれている。

専門家は「製造業界や輸出産業にとってはここ20年で最も厳しい時期を迎えている。品質の向上や価格面の調整を図るだけでなく、バイヤーの増加が著しいブラジルやロシア、インド、中東各国などへの販路の開拓も必要」とアドバイスしている。

http://www.recordchina.co.jp/group/g25197.html

『Record China』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/273-45c2e292
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。