イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).03.18(火) 【昼食】【インドシナベトナム語学校】【ホーチミン人文社会科学大学】【犬と猫】【ニワトリ】【コーヒー】【オカマちゃん?】【笑顔2】

【昼食】
"Đường Nguyễn Thị Minh Khai(グエンティミンカイ通り)" のフランス領事館の向かいの店。
一部分しか見ていなくて、屋台っぽい飯屋かと思いきや、奥にも食べるスペースがある。
メニューもある(普段私が食べている路上や安い飯屋よりワンランク上かな?)。
ご飯の炊き方も味もワンランク上でした。
なので料金もいつもより少々高め。
食べ終わってフランス領事館側から店の写真を撮ろうとすると、ライフルを持った警備の兄ちゃんが「No!」と言ってきた。
「領事館じゃなくて、こっち撮るんだよ」と日本語で返す。
相変わらず「No!」と続けるので、シカトして撮影。
VND 36.000(本日のレートで約221円)。

2008.03.18(月) 昼食 2008.03.18(月) 昼食をとった店

【インドシナベトナム語学校】
こっちでベトナム語学校を探すが、情報が全然ない。
いろんな国ではインターネットカフェあたりの掲示板でもみれば学校の情報や個人レッスンの情報があふれている。
でもベトナムでバックパッカーの多い地区も回ったが全く情報がない。
いろんな人に尋ねても結局紹介もしてもらえず、時間が過ぎていく。
一応WEBで情報のあった『インドシナベトナム語学校』へ行く。
1時間あたりUSD 7。
日本の感覚じゃ安いかもしれないが、正直高い。
中米グアテマラのアンティグアという街でスペイン語学校行ったときなんて生活費・滞在費もトータルひっくるめて1ヶ月10万円なんていかなかった(週6日、1日5時間、5週間のトータル150時間)。
人件費や生活費を考えてもちょっとな~。
でもそうも言っていられない。
ベトナム語でコミュニケーションできない不自由さには変えられない。
いろいろ交渉して、とりあえず30時間分の授業ということにしてもらう。
学校の校長?と交渉した後、そのおばちゃんは行ってしまった。
愛想の良い受付の子と話し始める。
"Trang(チャン)" ちゃん。
「彼氏はいるの?」と尋ねても「いない」ときっぱり。
「ウソだ~」と言っても「本当に」との返事。
30分以上、私との会話につきあってくれました。
本代入れて USD 220、支払いはVND 3.489.000(約2,1436円)。

2008.03.18(月) チャンちゃん

http://www.overlandclub.jp/lassho/indochinejp.html

【ホーチミン人文社会科学大学】
ベトナム語学校とは別に個人レッスンを頼むつもり。
でも個人レッスンをやってくれる人の情報がない。
じゃあ、どうすればいいか。
考えるより行動。
直接大学行っちゃえばいいじゃ~ん。
何のアテもなく国立大学の『ホーチミン人文社会科学大学』へ向かう。
警備員の人に「ここは大学ですか?」と尋ねる。
「そうですよ」とすんなり入れた(良かった)。
ただ夕方ということもあり事務所は閉まっている模様。
事務所にバイトの仲介やら、いろいろ聞こうと思ってたんだけど。
と、そこに明らかにベトナム人ではない男性が座って肉まんを食べていた。
話しかけると、怪訝そうな顔せず、いろいろ教えてくれた。
オーストラリア(Australia)のブリスベン(Brisbane)出身の "Desmond(デズモンド)"。
彼はここでベトナム語の2ヶ月コースを受講していて、今日が初日とのこと。
値段も安いし、何せ大学。
友達もできるだろうし、こっちにすれば良かった~。
でも30時間で契約してたのは良かった。
それにいろいろ体験できるからこれはこれでOK。
『インドシナベトナム語学校』終わったらこっちに来よう。
授業が始まるので15分ほどしか話せず。
明日Desmondの家へ行くことに。
アテもないところから形になっていくのは楽しい。

2008.03.18(月) デズモンド

http://www.hcmussh.edu.vn/

【犬と猫】
"Chợ Thị Nghè(Thi Nghe市場)" で犬と猫がじゃれ合ってる。

2008.03.18(月) 犬と猫

【ニワトリ】
こういうのが普通に道にいる。

2008.03.18(月) ニワトリ

【コーヒー】
ファンさんと仕事の話も含めてお茶(と言ってもポテトやピザを食べて夕食兼ねたが)。
日曜日にもお茶した "Sun Wah Tower(サンワー・タワー)" にある "Café Central(カフェ・セントラル)"。
どうやらここはファンさんのお気に入りみたい(本社のK社長も含め結構来ている)。
後からファンさんの甥っ子の "An(アン)" くんがやってきた。
ドイツに留学中でベトナムヘ一時帰国しているとのこと。
相当頭が良いらしく、奨学金をもらって、来年は大学院へ進む予定とのこと。
現れた時はちょっとビックリ。
お洒落なサングラスかけて香港の映画スターみたい(着ているものも高そうでお洒落だし)。
正直気取ったイヤなやつだったらどうしようなんて思いました(iPhone持ってるし)。
話したら超~気さくでイイやつでした。
やっぱファンさんの親戚。
その後ファンさんの義理のお兄さんも参加。
ファンさんにごちそうになってしまいました。
ありがとうございます。

2008.03.18(月) アン

【オカマちゃん?】
帰り道の人通りの少ない(車やバイクは多いが)通りを歩いていると、”How are you?” と話しかけてくる若い男の人が。
お決まりの "xe ôm(バイクタクシー)" のオヤジとはちょっと違うみたい。
物腰柔らか。
すると “un café?(コーヒーでも?)” と言ってくる。
なんでそこだけフランス語?
まあベトナム語でも “cà phê カーフェ” だからそっちの方が言いやすいのか。
話し方が明らかにそっち系。
手にしていた賃貸契約書を見せながら「仕事しなきゃならないから」と断る。
「乗っていきなさいよ。送るわ」としきりに誘ってくる。
私みたいのでも誘われるのかな~?
それともぼったくりバーにでも連れて行くつもりだったのかな?

【笑顔2】
帰りが23:00近くになり、自宅近くのカフェでオレンジジュースを持ち帰り用に購入する。
閉店が23:00なので、片付けに入っていた。
私が入っていくと昨日のブログにも書いた、【笑顔】の女の子がいた。
目が合うなり満面の笑顔。
正直驚いた。
こんなにも変わるもんなんだね。
今までカフェにずっと滞在したりしても1回も笑顔見たことなかったのに。
何か嬉しくなった。

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/27-5f4d2ce7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。