イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

日本が国連安保理の非常任理事国に、最多の10回目選出

ベトナムって国際連合安全保障理事会の非常任理事国だったんですね。
知りませんでした。
というよりも当時私はベトナムに関係していなかったんで、ニュース見ても忘れていたんでしょうけど。

今年末で任期満了を迎えるのはインドネシア、ベルギー、イタリア、南アフリカ、パナマの5か国。09年の非常任理事国は、任期が同年末までのブルキナファソ、コスタリカ、クロアチア、リビア、ベトナムに、今回選出の日本など5か国を加えた10か国となる。

[日本が国連安保理の非常任理事国に、最多の10回目選出]

 【ニューヨーク=白川義和】国連総会は17日午前(日本時間同日夜)、今年末に任期が満了する国連安全保障理事会非常任理事国5か国の改選を行い、日本はアジア・グループ枠でイランを破り、選出された。

 ほかにウガンダ、メキシコ、トルコ、オーストリアが新理事国となった。

 任期は2009年1月から2年間。日本は国連加盟国中最多の10回目の選出で、安保理入りは05~06年以来。安保理改革と常任理事国入りの早期実現を目指す日本は、非常任理事国としての活動を通じて存在感を示し、改革機運を高めたい考えだ。

 日本は158票を獲得して圧勝。イランは32票にとどまった。

http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20081018-OYT1T00085.htm

『読売新聞』より

[非常任理事国にベトナム、リビアなど5カ国 国連安保理]

 【ニューヨーク=長戸雅子】国連総会は16日、安全保障理事会非常任理事国の改選を行い、今年末に任期切れを迎える5カ国に代わり、ベトナム、リビア、ブルキナファソ、クロアチア、コスタリカを選出した。ベトナムとクロアチアは初当選、リビアは30年ぶりの安保理入りとなった。 

 非常任理事国になるには投票国の3分の2以上の支持が必要だが、リビアは1回目の投票で178票を獲得した。

 リビアのエタルヒ国連大使は米国がリビアへの反対運動をしなかった事実を指摘。「米国とリビアの関係は正常に戻った。われわれは国際社会に復帰した」と述べた。

 米国とベトナム、リビアは長い間、敵対的な関係にあったが、ウルフ米次席大使は「国連憲章が採択された当時、敵国だった日本とドイツは今、国際社会で重要な役割を果たしている。世界は変わっており、新しい理事国と仕事をするのを楽しみにしている」と協力姿勢を強調した。

http://sankei.jp.msn.com/world/america/071017/amr0710170954005-n1.htm

『MSN産経ニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/257-194cf7d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。