イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).09.30(火)

【日本語の辞書】
日本語を勉強して数ヶ月のベトナムの女の子から辞書を見せられた。
つっこみどころ満載。
『インタピュー』といった誤字もあるが、収録されている語彙が首をかしげる。
たとえば写真のページ

『うすば(臼歯)』
『うすば(薄刃)』
『うすばか(臼馬鹿)』
『うすべり(薄縁)』
『うずみび(埋み火)』
『うせもの(失せ物)』
『うそ(鷽)』
『うそく(右側)』
『うぞうむぞう(有象無象)』
『うだい(宇内)』
字が大きく、収録語数は少ない。
なんでこんな語彙載せるのかな?
それに『うすば(薄羽)』『うずみび(埋み火)』なんて「Microsoft IME」でも出てこないぞ。
『うすばか(臼馬鹿)』は「薄馬鹿」のことみたいだけど。
『うすば(臼歯)』 → きゅうし、『うそく(右側)』 → みぎがわ でないと日本人でも分からないですよね。

書店や大学などいろいろなところで日本語の辞書を見たが、まともなものがない。
日本語学習の障害のひとつに思える。

2008(H20).09.30(火) 日越辞書

【たちんぼ】
以前、ベトナムのコンサル会社の代表者と話しをした。
ベトナム人だが日本の企業への勤務経験があり、日本語が達者。
住んでいるところを尋ねられ答えた。
すると「あそこは昔は『たちんぼ』でいっぱいだったんですよ」とのこと。
日本人ならば『たちんぼ』という響きで立って待っている売春婦のことだなとは類推できる。
後で調べたら俗語でそういう意味でした(常識?)。

半年前もここ "đường Nguyễn Thị Minh Khai(グエン ティ ミン カイ通り)" には結構いた。
そのうちの毎日見るグループはオカマだった(後で分かってビックリした)。
公安が追いかけて逃げ回っているのを数回見かけた。
公安が走って、みんなばらけながら走って逃げたもの。
仲間のバイクに飛び乗り、公安の車とチェイスしたもの。

9月末に日本へ戻ってきてから、ここで売春婦を見かけない。
そういえばこの通りで堂々とおしっこしているおばちゃんとかも見かけなくなった。
ヘタに綺麗になるのも何だか寂しい。
カルチャーショックを受けるベトナムは消えつつあるのを実感します。

2008(H20).09.30(火) NTMK通り

[HCM:売春組織を摘発、メンバーに現役モデルも]

 ホーチミン市3区警察は9月24日、売春あっせん容疑でメコンデルタ地方キエンザン省出身のラム・ティ・ゴック・フエ(24歳・女)を再逮捕した。フエは前日の23日午後5時ごろ、3区内のホテルで売春の摘発を受け、他の2人の女とともに現行犯逮捕されていた。3人が相手にしていた客はいずれもホーチミン市でビジネスをしている地方出身の金持ちだった。

 フエ容疑者は2003年にホーチミン市に出てきて以来、その美ぼうを生かして遊ぶ金欲しさに売春を行っていたが、昨年からは自らが選んだ若くスタイルの良い美人ばかりを集めた売春組織の運営もするようになった。フエの組織には20人以上が所属しており、1回300~500ドル(約3万1500~5万2500円)で売春を行い、3割程度をフエに納めていた。

 今回フエとともに逮捕されたCは、2006年に東南部バリア・ブンタウ省で開かれたマリンフェスティバルのミスコンテストに参加したこともあり、その後はフリーのモデルとして活躍していた。

http://www.viet-jo.com/news/sanmen/080929094209.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/228-7e03d619
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。