イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2008(H20).08.05(火) 【人件費高騰】

【人件費高騰】
ホテル従業員の平均賃金についての記載。
『平均賃金(月収)も2003年の100米ドル(約1万800円)未満から2007年には約350 米ドル(約3万8000円)へ上昇している。 』
まあ安いけど、4年で3.5倍って。

[ホテル宿泊料 最も高いのはハノイ]

 米国のコンサルティング大手グラント・ソントンがこのほど発表した調査レポート「ベトナムにおけるホテル経営状況2007」によると、国内のホテルの宿泊料金はハノイが最も高く、ダラット市(中部高原地方ラムドン省)が最も安いという。

 この調査は、全国の3~5つ星クラスのホテル37か所(部屋数合計約5200室)を対象に行われたもので、2007年の平均宿泊料は前年に比べ37%上昇した。宿泊料が最も高いのはハノイ市で、最も低いダラット市に比べ1泊当たり82.78米ドル(約9000円)上回っている。

 2007年の全国の客室利用率は2003年に比べ平均142%増加した。2007年の客室利用率はホーチミン市が79.32%と全国トップだった。またホテルの従業員数は、4年間で平均273%増加しており、平均賃金(月収)も2003年の100米ドル(約1万800円)未満から2007年には約350 米ドル(約3万8000円)へ上昇している。

『Vietnamnet』より

http://www.vietnam-sketch.com/news/080805115549.html

ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/169-bf9cf189
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。