イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【電気ケトル】

【電気ケトル】
今まで家ではお茶を入れるときはウォーターサーバーのお湯を利用していました。
最近大家の息子から「ウォーターサーバー使わないで」と言われました。
最近電気代が非常に値上がりしています。
家にいない時の方が多いわけだしもったいないからというのが理由。

当初は電気代は別途支払うはずだったのだが、メータの故障もありそのまま電気代込の状態。
他の部屋の住人と違ってエアコン使わないし、大家さんも請求してこない。
もうずっと電気代を払っていない。
人が入れ替わるたびに家賃が上がっているけど、私は2年以上据え置き。
なので素直に従うことに。

そんなんで電気ケトルを購入。
ホーチミン市3区のCach Mang Thang Tam通り(「CMT8」とよく表記されます)にある電気店「ideas」へ。

ideas 134-141 A-B Cách Mạng Tháng Tám, P.5, Q.3 Cach Mang Thang Tam CMT8

300,000 VND(本日のレートで約1,294円)程度出せばサンヨー製のものも購入できます。
でもデザインが気に入ったのと、「BlueStone」というメーカーは悪くないとのこと(ベトナム人の友人曰く)で下の写真のものを購入。
315,000 VND(約1,358円)

電気ケトル やかん BlueStone Electric Kettle KTB - 331
http://www.bluestone.com.vn/modules.php?mod=productd&lang=en&type=2&ci=7&pi=5&n=

安いものでは150,000 VND程度のものもあります。
ただし内部は発熱部品がむき出し。
中国の農村部で工場からの廃液で井戸水が汚染されて、湯を沸かさないといけない状況に陥っているドキュメンタリーで農民が使っていたのがこのタイプ。
別に何の影響もないけど、私の中で潜在的に悪いイメージが。

heating element 発熱体 加熱素子

私が日本で使っているのは「T-fal アプレシア 0.8L メタリックノワール」。
電気ケトルを持っていない方は是非使ってみてください。
非常に便利ですよ。

ティファール T-fal アプレシア 0.8L メタリックノワール BI802522A
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/1209-37f0f9a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。