イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

【食彩 紀州】

【食彩 紀州】
今日はホーチミン市1区のLe Thanh Ton通りの日本料理屋「紀州」へ。
この通り(レタントン通り or レタイントン通り)には数多くの日本料理屋がある。

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 01

2階はこんな感じ。
日本人男性客2人だけで静か。
やかましくない関西弁の方たちで助かった(関西弁が嫌いなわけではないです。一部の人たち)。 ※2009/10/21(水)の記事

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 03

高菜チャーハンとカツカレー。
高菜チャーハンはちょっとベタついている(おしいな)。
カレーは甘口。
辛口カレーが好きな私だが、これは合格点かな。

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 04

卵スープ。
最初見たときはとろーり卵がふんだんで期待しました。
ああ、味の素(それともAji-Ngon?)が...
過敏でない人、ベトナム人を含む東南アジア圏の人には関係ないレベルかもしれません。

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 05

親子丼。
他の店で食べたカツ丼もそうだったが、ご飯がもち米みたいな感じ。
あとちらし寿司と勘違いしているところがある。

20世紀からベトナムに在住している日本人の方によると、現在のホーチミン市の多くの日本料理屋の職人(ベトナム人)の元をたどっていくと、同じ人にたどり着くそうです。
なのでその人の作り方がイコール日本料理ということになってしまうとのこと。
なのでホーチミン市の多くの日本料理屋で料理の作りがに通ってしまうのは仕方がないとのこと。
ただ他の国に比べればまともな日本料理が多いとは思います。
今後日本で修行した別の系統の職人さんの店も出てくるでしょう。

でも常連が指摘してあげればいいのに。
しても聞く耳持たないか。

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 06

オーナーはシンガポールの方だそうです。
名刺に「Michael Bay」とある。
「マイケル・ベイ」って本当か?
他にも「ジェリー・ブラッカイマー」の店があったら笑える。

でもメニューがUSドルのお店って行く気しないな。
2人で 395,000 VDN(本日のレートで約1,957円)。

紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン 07
紀州 きしゅう キシュウ Kishu Kisyu 17 A/9 Lê Thánh Tôn Le Thanh Ton レタントン レタイントン
ベトナム

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://xinchaoisv.blog82.fc2.com/tb.php/1028-a1205f81
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。