イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

2009(H21).01.31(土) 【ベンチェー8日目】

【ベンチェー8日目】
今日はホーチミン市へ戻る日。
7泊8日のベンチェー滞在も終わり。
それぞれバイクタクシーでバスターミナルへ向かう。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー01

ここが地元のバスターミナル。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー02

う~ん、ローカル。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー03

ちょっとした手違いもあり3時間も待つ羽目に。
みんな待ち疲れ。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー04

ようやく出発。
乗客が増えてきたからなのか、停車するとイスを2組取り付け始めた。
工具を使ってトントンやっている。
日本人には理解できない。
面白いので写真に撮る。
私が写真を撮るその姿を見てベトナム人は笑っている。
カルチャーギャップ。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー05

フェリー乗り場に到着。
乗客はいったん下車して徒歩でフェリーに乗船。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー06

バイクはそのまま乗り込む。
例のごとくバカみたいな数。
でも乗り込む時歩道歩いているんだからクラクション鳴らすなよ!

2009(H21).01.31(土) ベンチェー07

対岸へは10分ほどで到着。
再びバスに乗り込む。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー08

1/19(月)に開通したばかりの橋。
しかしバイク多すぎ!

2009(H21).01.31(土) ベンチェー09

同じメコンデルタということで2007年9月26日のカントー橋崩落を思い出した。
死者50人以上(60人以上との報道も)の大惨事。
行きにも渡ったけど、ちょっと怖くなった。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー15

しばらくは料金を徴収しないとのこと。
テトの時に徴収してたら大渋滞だろうね。
いい加減なんだか、臨機応変なんだか。
でも日本は見習うべきだと思う。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー10

ミエンタイバスターミナルに到着。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー11

そこから市バスに乗り換える。
やはりいつもより人は多い。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー12

15:00自宅へ到着。
バスではみんな爆睡してたが私は一睡もしなかった。
昼寝したいけど片付けなきゃいけない仕事が...
でも足が死ぬほど痒い。

今日の夕食。
"Tý(ティー)" の家族からもらったニワトリ。
ごちそうさまです。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー13

横では明日のおかずにされるカモが足を縛られ横に置かれていた。

2009(H21).01.31(土) ベンチェー14

[メコンデルタ2省を結ぶラックミエウ橋が開通 ] 2009/01/20 15:41 JST配信

 メコンデルタ地方のベンチェー省とティエンザン省の堺を流れるティエン川に建設されたラックミエウ橋(国道60号線)が19日午前、正式に開通した。この橋は全長8331メートル、橋部分は第1橋と第2橋を合わせ2878メートル。第1橋は国内の技術者のみで設計、施工された初めての国産斜張橋だ。建設費は当初は6000億ドン(約31億円)と見積もられていたが、最終的には1兆4000億ドン(約72億円)に膨れ上がった。この橋の開通により、ベンチェー省への投資誘致と経済社会発展に弾みがつくと期待されている。

http://www.viet-jo.com/news/economy/090120024957.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ラックミエウ橋開通でフェリーは運航終了に] 2009/01/16 07:45 JST配信

 メコンデルタ地方ベンチェー省交通運輸局のファム・バン・ロン局長は8日、同省とティエンザン省の堺を流れるティエン川に建設されたラックミエウ橋(国道60号線)が開通する今月19日以降、これまで100年余りにわたって活動してきたラックミエウ・フェリーの運航を終了すると明らかにした。

 これに伴い、現在同フェリー乗り場で働いている従業員132人が解雇(うち6人は定年退職)されることになる。ベンチェーフェリー社は、このうち50人を同省内の他のフェリー乗り場で再雇用する方針を示している。また、ラックミエウ橋BOT(建設・運営・譲渡)社も60人を同橋の通行券販売や清掃の要員として雇うことに同意している。その他の失業者や退職者には、同省人民委が総額約65億ドン(約3400万円)の手当てを支払うという。

 運航されていた14隻のフェリーは、3隻がコーチエン・フェリー乗り場(同省~チャービン省間)に、5隻がハムルオン・フェリー乗り場(ベンチェー町~モーカイ間)に場所を移して運航される。残りの6隻も旧正月(テト)明けに他の地域で利用されることになっている。

http://www.viet-jo.com/news/social/090113081420.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ラックミエウ橋、1月19日に開通式 ] 2009/01/09 17:26 JST配信

 交通運輸省によると、メコンデルタ地方のベンチェー省とティエンザン省の堺を流れるティエン川に建設されたラックミエウ橋(国道60号線)の開通式が、今月19日に行われることとなった。通行料金の徴収は当面は行わず、旧正月(テト)明けの2月初旬に、交通運輸省、ベンチェー省、ティエンザン省の3者が協議して徴収開始時期を決定する予定。

http://www.viet-jo.com/news/economy/090109032643.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[メコンデルタ2省を結ぶラックミエウ橋で閉合式] 2008/08/21 18:28 JST配信

 メコンデルタ地方のベンチェー省とティエンザン省の堺を流れるティエン川で建設中のラックミエウ橋(国道60号線)で20日、両岸から架けられてきた橋げたを中央部分でつなぐ閉合式が開催された。ラックミエウ橋は長さ2878メートルの斜長橋。今年10月に仮開通し、来年1月17日に正式開通となる見通し。また、通行料金の徴収は来年の旧正月(テト)以降に開始する予定という。

http://www.viet-jo.com/news/social/080821035253.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ラックミエウ・フェリー乗り場の維持提案] 2008/07/05 08:32 JST配信

メコンデルタ地方ベンチェー省人民委員会はこのほど交通運輸省に対し、同省とティエンザン省の堺を流れるティエン川で建設中のラックミエウ橋(国道60号線)が完成した後も、現在のラックミエウ・フェリー乗り場とフェリーの運航を存続することを提案した。ラックミエウ橋は今年末に完成する予定。

 具体的には、フェリー乗り場全体の設備をそのまま維持し、100トンまたは40トンのフェリー2隻を20人体制で運航するとしている。フェリー乗り場の維持は、国防や国道60号線のバックアップとしての機能のほか、歴史的意義や観光面の価値もあるという。ラックミエウ橋完成後は、現在運航中の14隻のうち12隻が他の地域で利用されることになっている。

http://www.viet-jo.com/news/social/080701100618.html

『VIETJOベトナムニュース』より

[ティエンザン省:フェリー、危うく貨物船に衝突] 2007/12/31 15:54 JST配信

 29日夜、メコンデルタ地方ティエンザン省のラックミエウ・フェリー乗り場を出た渡河フェリーのかじ取りが突然利かなくなり、航行中の貨物船に危うく衝突しそうになる事故が起きた。事故当時フェリーには百人以上が乗船しており、一時パニック状態になった。この事故の原因は、研修中の船員がスイッチを押し間違えたため、かじシステムの電源が切れてしまったことにある。この船員が間違いに気付いてスイッチを押し直したため、乗客らは危うく難を逃れることができた。

http://www.viet-jo.com/news/social/071231034906.html

『VIETJOベトナムニュース』より

Bến xe Thạnh, Phú
Ben xe Thanh Phu
タンフー・バスターミナル
Cầu Rạch Miễu
Cau Rach Mieu
ラックミエウ橋
Bến xe Miền Tây
Ben xe Mien Tay
ミエンタイ・バスターミナル
スポンサーサイト
ベトナム

2009(H21).01.30(金) 【ベンチェー7日目】

【ベンチェー7日目】
近所の女の子と一緒に、以前私が仲の良かった女の子のボーイフレンドが訪ねてきた。
彼らは10代。
ビールは飲みませんでした。
あのまずいコーラ飲んでいました。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー01

昨日誘われた "Tý(ティー)" のお家へ向かう。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー02

途中その "Tý(ティー)" に出会う。
"Lợi(ロイ)" とは仲良さそう。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー03

"Tý(ティー)" の家に到着。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー04

横はすぐに河。
まさしくメコンデルタ。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー05

こどもたちはすぐにボートに乗って遊び始める。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー06

無防備なワンちゃんのお昼寝。
ベトナムの犬で脚を折りたたんで座っているのをほとんどみない。
前脚だけたたんで後ろ脚はだら~んと伸ばしたり、日本ではあまり見ない姿ばかり。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー07

"Tý(ティー)" のお父さん、あまり喋らないタイプだけどいい人。
でも酒を強要してくる(ちょっとストーカーちっく)。
しばらくしてお父さんもお母さんも私が退屈しているのが分かったのか、ボートに乗ってきなさいと勧めてくれた。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー08

木製のかなりでかいボート。
身長150cmもない小さい "Van(ヴァン)" がオールを持って漕ぎはじめた。
正直、最初冗談かと思った。
私の心配とは裏腹にすごいスピードでボートが進んでいく。
ジャングルトリップ。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー09

アウトドア派の私だが、ボートはここ数年漕いでいない。
一番最近はコスタリカでのラフティングくらい。
「代わってあげるよ」と言って交替する。
ありゃりゃ、まっすぐ進まない。
それに自分でもぎこちないのが分かる。
橋に近づいたときはさすがに私では無理と判断された(自分でもそうだと思った)。
お姉ちゃんに交替するが、中央の広い部分にはもう間に合わない。
端のせまい部分だが、ボート幅ギリギリ。
斜めなのにすぐに軌道修正して橋脚にまったくぶつかることはなかった。
すごいと思った反面、自分がすごく情けなく感じた。
映像は彼女が悠々と漕ぐさまです。



家へ戻るとお母さんがココナッツを食べさせてくると言う。
これもココナッツ。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー10

中にある実を食べます。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー11

みんなで食べている様子。



「ココナッツ飲む?」とお母さんが尋ねてきた。
ココナッツを取ってくれた。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー12

ココナツジュース。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー13

こどもたちはまだまだ元気。
私と3人で遊び続ける。
やはりお姉ちゃんは疲れたみたい。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー14

帰りに "Anh(アン)" の家へ寄る。
テトでもないかぎり多分会えないだろうから。
何か料理しているかと思えば犬だった。
犬の丸焼き。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー15

犬料理はハノイの方の北部では一般的だが、南部ではほとんど食べられないと聞いていた。
ただし私はサイゴンで犬料理を食べましたが。 ※2008/11/6(木)の記事

2009(H21).01.30(金) ベンチェー16

ここでは食べるみたい。
お腹いっぱいだしお誘いは断った。
犬肉料理は自分からは進んでは食べないな。
シーシェパードみたいにいちゃもんはつけませんが。
"Van(ヴァン)" も嫌悪感持っているみたい。
でも出されたら私は普通に食べます。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー17

"Anh(アン)" の妹の "Diem Linh(イエム・リン)" が「歌を歌います」と言ってくる。
どうやら私に歌を披露してくれるみたい。



帰りに双子の姉妹の "Ngọc(ゴック)" の家に寄る。
私は彼女のお父さんには相当気に入られたらしい。
田んぼや養殖場などしかない場所では遠くからでも歩いていると見つかる。
その度に家に連れ込まれた。

今までこの双子の見分けがつかなかった。
今回お母さんに判別方法を聞いてやっと分かった。
彼女たちは写真に絶対写ろうとしない。
ハンモックで休んでいるところをいきなりパシャリ。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー18

家に到着。
陽が落ち始める。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー19

しばらくすると "Tý(ティー)" の家族がやってきた。
私のお土産にニワトリを持ってきた。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー20

お母さんに「ティーをお嫁さんにもらって」と言われた。
「あはは、15年後に友だち紹介しますよ」と返した。
でも本気で考えた自分もいたのは否定できない(ティー可愛いし、すごくなついてくれたし)。

ベンチェーに来て会ったばかりのお母さんに「娘あげます」って言われたこともあった。
4歳くらいの女の子で初対面。
このときは正直笑えなかった。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー21

明日はホーチミン市へ戻る。
長閑な一日の終わりだ...
というわけにはいかなかった。

2009(H21).01.30(金) ベンチェー22

裏庭の方で何やら口論が始まっている。
まったく何を話しているか分からないが尋常じゃない様子。
どうやら姉妹のいざこざが原因らしい。
2人とも泣きながら言い合っている。
お姉ちゃんのあんなに声をあげて喋ってる様子を始めてみた。
家族総出。
居場所のない私。
私と一緒で蚊帳の外の "Lợi(ロイ)" と一緒に遊ぶ。
"Lợi(ロイ)" 喋りっぱなし。
なに言ってるのかは全然分からないけど。
2時間ほどして口論も収まったみたい。
"Lợi(ロイ)"がいて助かった。
今回の旅行で "Lợi(ロイ)" と一番遊んだな。
ベトナム

2009(H21).01.29(木) 【ベンチェー6日目】

【ベンチェー6日目】
午前中、お姉ちゃんと甥っ子の "Lợi(ロイ)" とともに初詣へ。
目立たないけど卍のマーク。
右まんじ(卐)だ。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー01

舗装されていない道になる。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー02

寺院のイメージとは程遠い。
一般の家みたい。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー03

下の写真はベトナムの一般的な初詣の様子。

20<br />09(H21).01.29(木) ベンチェー04

相当田舎だし、規模は小さいとは思ったがイメージが違う。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー05

女性のお坊さんと女の子がいるだけで他には誰もいない。
お線香をもらってお祈り。
お線香を写真のようにおでこの高さにあげて、その後数回上下させます。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー06

真ん中の女の子は孤児で寺院で育てられているとのこと。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー07

お祈りが終わると、お坊さんがお茶とお菓子を出してくれた。
女の子にお年玉をあげる。
女の子がこんな目で私の方を見てたなんて気付かなかった。
何で?

2009(H21).01.29(木) ベンチェー08

帰りにお姉ちゃんの学生時代の友達の家へ寄る。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー09

久しぶりの再会で話が盛り上がっている。
そのうち共通の友人も訪ねてきたみたい。
甥っ子の "Lợi(ロイ)" と私はもちろん退屈。
ベトナム人の "Lợi(ロイ)" もおいしくないお菓子には食指が動かないみたい。
2人で庭に出て遊ぶ。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー10

ワンちゃんのドアップ。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー11

"Lợi(ロイ)" と遊んでいると1時間くらいすぐ過ぎる。
今回彼がいなかったらあまりに暇すぎてつまらなかったと思う。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー12

1時間半ほど滞在して家へ戻る。
これはお墓。
ポツポツとあちらこちらに見かけた。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー13

こんなのも。
日本的。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー14

帰りの途中、親戚の家に寄る。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー15

道端にでっかい鳥が(七面鳥だよね)。
ビックリした。
ベトナムにもいるの?

2009(H21).01.29(木) ベンチェー16

家に戻ると庭でお兄ちゃんの "Nhựt(ニュット)" が魚を焼いていた。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー17

焼き終わると、こっちへ来いと隣の家に連れて行かれた。
野郎での飲み会の最中だった。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー18

さんざん飲まされてつぶれるように昼寝。
起きると陽が落ち始めていた。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー19

親御さんがいるいないに関わらず、こどもたちが単独でよく出入りしている。
普通にベッドにいたりするからどれが家族の子か分からん。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー21

しばらく目を離していると別の子たちが遊んでたりする。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー22

しばらくして男性2人が訪ねてきた。
お父さんに挨拶に来たみたいで飲まされる。
お父さんが2人を紹介してくれるが、正直何を言っているか私の語学力では分からない。
ただ類推すると初日に一緒に散歩して仲良くなった "Tý(ティー)" のお父さんらしい。
「ティーのお父さんですか」と言うとビックリしてるけど、娘の名前を覚えてもらって少し嬉しそう。
"Tý(ティー)" と一緒に散歩した写真を見せるととても喜んでいた。
明日家に招待するから来いと言われた。

ホーチミン市の中心部では星はほとんど見えない。
月とかろうじて星が一つくらいだろう。
ベンチェーでの星は綺麗だ。

2009(H21).01.29(木) ベンチェー23
ベトナム

2009(H21).01.28(水) 【ベンチェー5日目】

【ベンチェー5日目】
長閑な一日の始まり。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー01

早朝市場へ買出しに。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー02

その後散歩へ。
ちょっと散歩と言っても、途中他の家などに寄ることになって1、2時間はすぐ過ぎる。
そんなゆったりしたペース。
ここはみんなが通った学校。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー03

家へ戻るとメロンを出してくれた。
中南米もそうだが、日本のようにメロンは甘くない。
これもメロンを切って細かい氷と砂糖をあえたもの。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー04

まあ例のごとく男性が訪ねてくれば昼からお酒を飲まされるはめに。
潰れてお昼寝タイム。

昼過ぎに目が覚める。
普段運動する私にとっては、食って飲んでばかりは身体がNOを言ってくる。
お父さんのところへ泳ぎに行くことに。
"cầu khỉ(カウキー)" も渡って、ちょっとしたアスレチック気分。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー05

ここがエビの養殖場。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー06

お父さんはこの小屋で寝泊りしています。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー07

お姉ちゃんも一緒に泳ぐ。
やっぱり田舎の子だ。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー08

夕陽がきれい。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー09

道には普通に牛がいる。

2009(H21).01.28(水) ベンチェー10

帰りの途中、他の家も訪ねる。
帰ったら妹の "Lan(ラン)" の姿が見えない。
"Nhiên(ニン)" と一緒に遠くの友だちの家に泊まりだとのこと。
のほほ~んとした日の終了。
ベトナム

2009(H21).01.27(火) 【ベンチェー4日目】

【ベンチェー4日目】
働き者のお姉ちゃんは朝早くから家事をてきぱきとこなす。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー01

昨日ビールを飲んだ妹の "Lan(ラン)" は二日酔いなのか、放心状態で歯を磨いている。
どこまでも対照的な姉妹だ。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー02

今日はアヒル料理だと聞いていた。
庭にいる元気な2匹のアヒルがそうなんだろうなと見ていた。
調理する場を見学しようとしたが、ちょっと離れたスキにすでに息絶えた状態。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー03

二十歳そこそこの2人がてきぱきと羽をむしり始める。
彼女たちは小さいときから毎日こういう作業をしてきた。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー05

朝食だか昼食だか分からない時間になってしまった。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー07

女の子とお母さんが訪ねてくる。
見た瞬間 「"Anh(アン)" の妹だ!」と分かった。
"Anh(アン)" とは会えなくなってから久しい。
今日家へ戻ってくるとのこと。
妹にお年玉。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー06

夜は結構冷え込む。
椰子の壁で床は土。
毛布を用意してくれたのに、酒で潰れたのもあって何もかけずに寝たらノドを痛めた。
セキが出るし、薬を買ってきてくれた。
う~ん、怪しさ満点。
めちゃくちゃ眠くなる。
結局12時から夕方5時まで眠ってしまった。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー08

夕方目が覚めて、"Anh(アン)" の家へ。
久しぶりの再会。
私になついてくれていた彼女。
会えて嬉しい。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー09

このうち2人以外は "Anh(アン)" の姉妹。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー10

みんな「遊び行こう!」という。
でも周りには何もない。
橋まで散歩しておしゃべりするだけ。
でも話せない私でも本当に楽しい。

2009(H21).01.27(火) ベンチェー11

家へ戻ったが、薬がまだ効いている。
眠くてまたすぐ寝た。
ベトナム

2009(H21).01.26(月) 【ベンチェー3日目】

【ベンチェー3日目】
今日は旧暦の正月(テト)。
長閑な一日の始まり(後にそうではなくなるが)。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー01

家にはひとりふたり女性がでぶらりと来ることがあるだけで、現時点で飲みにまで発展することはない。
午前中に他の家へ回るのにお付き合い。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー02

しかし何軒回ってもでてくるお菓子は一緒。
そりゃそうだ。
それに正直あまりおいしくないし。
お煎餅みたいな塩味のものがない。
ベトナム料理はおいしくて、ベトナム人もデザート好きだが、スイーツに関してのセンスがない。
このお菓子カタカナが印刷されているけど意味不明。
どの家にもありました。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー03

お年玉あげた女の子。
「となりのトトロ」のメイにそっくり。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー04

これは共同トイレです。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー05

これを渡って行きます。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー06

使用時はこんな感じ。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー07

戻るのも一苦労。
最初は本当に使う人なんているの?なんて思っていました。
おばあちゃんが使っていて、その後おばちゃんが順番待ちをしている光景を見ました。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー08

何軒か回るが、酒を無理強いしない家もあるが、全部の家で飲まないというのは不可能。
あと共通しているのはお菓子を無理やり持たされること。
「いらない」って言っても楊枝で刺したお菓子を手に持たされたり、正直困る。
おいしくないのに~。

家へ戻るとしばらく潰れる。
その間にも人が訪れている模様。
幸いなのは男性陣が訪れないこと(そうなったら強制参加)。

初日に一緒に散歩した "Tý(ティー)" がお母さんと一緒にやってきた。
ニコニコして私になついてくれてとても可愛い。
お年玉をあげる。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー09

夕方からも他の家を訪問。
訪ねても、そこの家族とは限らない。
みんな訪ねあったりしてシャッフルすることも。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー10

夜から男性陣がぞろぞろやってきた。
飲まされる~。
元旦だからか、私の隣で妹の "Lan(ラン)" も飲み始める。
しかし外見も性格もお姉ちゃんと正反対だな。

2009(H21).01.26(月) ベンチェー11

日本みたいに、「そろそろお開きにしましょう」なんてタイミングはない。
一番盛り上がっているその人が、いきなり「俺帰るわ」みたいにマイペース。
披露宴と同じ。
私も眠くなってそのまま寝る。
ベトナム

2009(H21).01.25(日) 【ベンチェー2日目】

【ベンチェー2日目】
朝5時にはみんな起きると言っていたが、意味が分かった。
4時を過ぎた頃から、あちこちでニワトリが鳴き始める。
5時近くになると「クワ、クワ」とアヒルの鳴き声が。
陽が昇る前の暗い時点でみんな起き始める。
怠け者(あくまでお姉ちゃんと比較して)の "Lan(ラン)" は6時まで起きてこないが。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー01

暗いうちから市場へ買出し。
歩いているうちに明るくなってくる。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー02

市場と言えるほど大きくないけど人はたくさん。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー03

脚を縛られて動けないアヒルたち。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー04

肉屋。
かなりグロテスク。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー05

アヒルは普通に買い物の品です。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー06

帰り道にお粥を食べる。
一緒にはベンチェーに帰ってこなかったが、知り合いの "Võ(ヨオ)" がバイクで通りかかる。
一緒に食べる。
5人で30,000 VND (ネットなんかできないので本日のレートは分かりませんが、一昨日のレートで約152円)。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー07

帰宅後のんびり。
お腹が空いているように見えたのか、昼食前にデカイ海老を茹でてくれました。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー08

「どんな田舎でもコカ・コーラは流通している」とその販売網の凄さはよく聞く話ですが、ここではこんなコーラしか見かけません。
くそマズイ!

2009(H21).01.25(日) ベンチェー09

井戸。
ここで洗濯したり、食器洗ったり、歯を磨いたり。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー10

家からの風景。
こんな感じで普通にみんな出入り。
なのでいつも他の家の子供が普通にベッドに横になってたりする。
5,6人いるうちどれがこの家の子なのか分からない。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー11

近所の男性たちが集まる。
男性は飲まなきゃならないらしい。
お酒はあまり飲めないけど仕方がない。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー12

この後、他の人たちの家にも連れて行かれる。
当然飲まされる。

夜ちょっと家から離れた場所にいると朝一緒にお粥を食べた "Võ(ヨオ)" が飲みに誘いに来た。
野郎で飲んでいる最中らしい。
財布を取りに行くと言うと、そんなのいいからと連れて行かれる。
しかしまともな飲み屋はない。
初老のおやじさんがギターを弾いて、それに合わせてカラオケ。
う~ん、ローカル。
一緒に飲んでるメンツはみな10代。
イッキ大会。
カメラ持ってなかったんで写真なしです。

今日は大晦日(旧暦)。
9時には寝ないみたい。
12時に何かあるみたい。
12時になるとみんな外へ出る。
でも何にもない。
どうやら花火が打ち上げられるはずだったらしい。
でも田舎過ぎてまったく見えない距離らしい。
テレビではちゃんとベンチェーで花火が打ち上げられていました。
辺りは真っ暗でしたが、花火のちょっとした光りも見ることはありませんでした。
なんか拍子抜けして就寝へ。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー13

12:00になってかかってきた明けましておめでとうの電話にでる姉の "Vân(ヴァン)"。
明けましておめでとうメールや電話をするのは万国共通みたいですね。
この後つながらなくなったと文句言っていました。
トラフィック制限かかるのも万国共通。

2009(H21).01.25(日) ベンチェー14
ベトナム

2009(H21).01.24(土) 【ベンチェー1日目】

【ベンチェー1日目】
今日から2/1(日)まで休み。
メコンデルタのベンチェーという郊外の町で7泊8日を過ごすことに。
ガイドブックでは「外れの町」という扱い。
それなのに今回はいわゆるガイドブックに載っているベンチェーからさらに2~3時間ほどのところ。
10:30着。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー01

本当に長閑。
今日泊まらせてもらう家。
壁と屋根は椰子の葉。
床は土のまんま。
水は井戸。
一緒に帰ってきた他の人たちの家も同じでした。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー02

しばらくしてエビを出してくれた。
飽きるほどある。
美味しい。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー03

みんな家に着くなり家事に精を出す。
う~ん、働き者。
私はすることがない。
子供たちが「遊びに行こうと」誘ってくる。
しかし見渡すかぎり田んぼなどしかない。
子供たちと一緒で楽しい。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー04

一緒に帰ってきた "Nhiên(ニン)" と偶然出会う。
ちょうど買出しの帰りらしい。
この写真を撮る際、帽子が飛ばされて河に落ちてしまいました。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー05

家に戻るとみんな一段落したらしい。
お父さんの働いているところへ行くことに。
歩いて1時間ほどかかるとのこと。
バイクタクシー(タクシーはない)で行けばいいのにと思っていたが、そういう訳にいかなかった。
とてもバイクが通れる道ではない。
それにこんな橋を渡らなければならないし。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー06

この橋は "cầu khỉ(カウキー)" といい、メコンデルタ地方の田舎ではよく見かけます。
"cầu" は「橋」、"khỉ" は「猿」。
つまり「猿の橋」。
英語で言うところの「Monkey Bridge」。
「猿橋」っていうと日本では特定の橋(固有名詞)になってしまいますね。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー07

よく嘘をつく妹の "Lan(ラン)"。
たまにムっとくることも。
ベンチェーで泳げるとは聞いていたが、田んぼの方を指して「ここで泳げるよ」などと言う。
またふざけてると思いきや、お父さんのところへ到着すると目の前で "Lan(ラン)" が泳ぎ始めた。
正直驚いた。
実は田んぼではなく、エビの養殖場だった。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー08

働き者のお姉ちゃんは、すぐにいろいろ仕事を始める。
お父さんに挨拶するが、私はベトナム語がほとんど話せない。
それに泳ぎたくてしょうがない。
顔に出てたのか、お父さんが水着を貸してあげるから泳いで来いという。
アヒル追い回したりして遊んだが、後でお父さんが飼っているのだと知って冷や汗もんだった。

2009(H21).01.24(土) ベンチェー09

テト休みに備えて片付けておきたい仕事があったので徹夜でベンチェーに来た。
途中寝れば良いものの、テンションあがって起きたまんま。
さすがに1時間泳いだら猛烈に眠くなった。
夕方5時前に寝た。
夜8時過ぎに目が覚めた。
何かみんな寝る準備。
どうやら夜9時には寝て、朝5時には起きるらしい。
ソッコでまた寝た。


Bến Tre
Ben Tre
ベンチェー
xe ôm
xe om
cầu khỉ
cau khi
Monkey Bridge
猿橋(さるはし・えんきょう)
ベトナム

2009(H21).01.23(金) 【新年会?忘年会?】

【新年会?忘年会?】
新暦だと新年会。
旧暦だと忘年会。
明日から1週間以上休みになる。
日本人には仕事納めという感覚もない。
いったん区切りといった感じ。

いつもベトナム飯ばかり食べている私。
私のリクエストもあり、イタリア料理の店を予約してもらった。
ところが当日、中心部に近づくと大混雑。
中心部の道路が歩行者天国になっていた。
お店はその店沿い。
こちらはみなバイクで移動。
お店の人に確認すると歩いてではないと店に来られないとのこと。
おい、おい、ベトナムでは観光客を除けばバイクで店に来る人がほとんどなんだから予約の時に言ってくれよ(ベトナム人が予約したんだし)。
この辺りがベトナム。

結局近くのベトナム料理屋へ。
話すのと食べるのに夢中になって写真ほとんど撮らなかった。

2009(H21).01.23(金) 新・忘年会01

Cây Tre Cay Tre カイチェー カイチェ 37 Lê Quý Đôn, Q.3 37 Le Quy Don st. street, District 3
ベトナム

2009(H21).01.22(木) 【めんや1ばん その3】

【めんや1ばん その3】
今日まで半額。
冷やし中華まずい...

2009(H21).01.22(木) めんや1ばん03
ベトナム

2009(H21).01.21(水) 【ねずみ講】

【ねずみ講】
みなさんは「アムウェイ」って会社をご存知ですか?
ここで是非については述べませんが、いわゆる「ネットワークビジネス」とか「マルチ商法」と呼ばれる連鎖販売取引を行なう会社です。

ベトナムでも活動を開始したそうです。
実は協力会社で働いているベトナム人女性がひっかかりました。
といっても欲を出して引っかかったわけではありません。
とてもおとなしい女の子。
びっくりするくらい控えめです。

ホーチミン市に青年文化会館という施設があります。
ここで日曜の朝に日本語を話せるベトナム人たちの交流の場が開かれています。
もちろん日本人は歓迎されます。
ここに活動を開始したアムウェイの日本人たちが乗り込んできたそうです。
当日は参加した日本人の一人をのぞいてアムウェイの人間ばかりだったそうです。
そこで彼女はサインをさせられました。

翌日彼女は会社の代表の方(日本人)に相談。
彼女は何も分からないままサインしたそうです。

しかし文化交流の場を利用して活動するのは卑怯ですね。
その会社の代表の方ともお話したのですが、こうやって日本人のイメージを変な方向に持っていかれるのを危惧します。
本当にこういうのは許せないですね。
でも意見が合ったのは、ベトナムで流行りそうだということ。
ベトナム人はこういう金儲けの話にすぐ飛びつきそう。

現在の法律ではこの会社はマルチ商法の企業に含まれます。
ちなみに表題に「ねずみ講」を使ったのはわざとです。
下の写真はNHKのすぐ近くにある日本アムウェイ本社。

2009(H21).01.21(水) アムウェイ

[ドンナイ省:米アムウェイの工場が操業開始]
2007/11/07 15:55 JST配信

 米国アムウェイの現地法人アムウェイベトナム(AVCL)はこのほど、東南部ドンナイ省のアマタ工業団地に建設した工場の操業を開始した。投資額は1400万米ドル(約16億円)。同工場では家庭用衛生用品やパーソナルケア製品などを、年間3000万米ドル(約35億円)分生産する予定。アムウェイは「連鎖販売取引」を行なう会社として知られている。

http://www.viet-jo.com/news/economy/071107033940.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

2009(H21).01.20(火)

【新年会】
参加してきました。

2009(H21).01.20(火) 新年会

平 成 21年 新年 会 の ご 案 内


平成20年12月10日

在留邦人の皆様へ

在ホーチミン日本国総領事館
ホーチミン日本商工会

平 成 21年 新年 会 の ご 案 内


平成20年も残り少なくなりましたが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。
さて、新たな年を迎えて、広く、当地在留邦人の皆様相互の親睦を図るため、例年通り日本商工会と総領事館の共催により新年会を下記の通り会費制で開催することとなりました。
当地において、在留邦人の皆様が一堂に会する数少ない機会ですので、ご家族お揃いで多数ご出席いただきますようご案内申し上げます。


1.日 時 平成21年1月20日(火)午後6:00~午後8:00

2.場 所 レジェンド・ホテル、サイゴン
      Legend Hotel Saigon
      2A-4A Ton Duc Thang St.,Dist.1,Ho Chi Minh City TEL:38233333

3.形 式 立食形式

4.会 費 大人1名 15ドル、(中学生までのお子様は無料です。)
      ※当日会場受付にてドル現金でお支払い願います。


5.その他 お正月らしく、餅つきも予定されております。

http://www.hcmcgj.vn.emb-japan.go.jp/3/hojin/081210shinnennkai.htm

『在ホーチミン日本国総領事館』のWebページより

ベトナム

2009(H21).01.19(月) 【ゴキブリ】

【ゴキブリ】
ベトナムのゴキブリはのろい。
日本のと違い、簡単に踏み潰せる。
食堂なんかでは普通によくいる。

今日良く行く飯屋に閉店後に立ち寄った。
やけにゴキブリが多い(異常なほど)。
それに動きが速い。

トイレに入って驚いた。
数十匹いや数百匹単位の大量のゴキブリが。
みんなのたうちまわっている。
トイレの壁の裏側に大量にゴキブリが住み着いて、それを殺虫剤で駆除したらしい。
動きが速かったのも納得。

写真撮ったはずなのにカメラにない。
あれれ。
仕方がないので別のときにとった食堂にいたゴキブリの写真です。
マクロモードで余裕で撮影できます。

コムビンヤン(コムビンザン)と呼ばれる安食堂ではここはまだ清潔な方。
でも超デカイねずみもよく見る。
これ以上きたない路上の店でもよく食事をする。
こんな所で食事をしてて一回もベトナムでお腹をこわしていない自分が不思議。

«追記»
店の女の子が自分たちの店のこういうところ撮られるのがイヤで、私がいない間にカメラを操作して消去していたというのが分かりました。
でもよく日本語表記なのに分かったな。

2009(H21).01.19(月) ゴキブリ
ベトナム

2009(H21).01.18(日) 【郊外へ】

【郊外へ】
バスに乗る。
ハンパじゃなく運転が荒い。
ベトナム基準でハンパじゃない。
前の車にぶつかりそうになり、急ブレーキをかけること数度。
乗客みんなが声をあげる。
ベトナム人自体が驚いていることに驚いた。
カーブは横転しそうな勢い。
荷物が散乱する。
煽ったり、追い越しが信じられない具合に行なわれる。
はじめは怒りを覚えていたが、そのうち恐怖に変わった。
あまりスピードの出せない直線の狭い道でこんな調子。
カーブがあってスピードの出せる道に出る前に降りると決めた。
しばらくすると数分停車。
その後は嘘のように通常の運転に戻った(と言ってもベトナム基準の通常)。
何か用があるようには見えなかった。
でも何か急がなければならない理由があったとしか思えない。
「JR福知山線脱線事故」を思い出した。

2009(H21).01.18(日) An Lac 01

このスニーカー、60,000 VND (本日のレートで約311円)。

2009(H21).01.18(日) An Lac 02

のどかな~とは程遠い。
狭い道にバイクがひっきりなしにクラクションを鳴らしながら走る。
うるさいし危ない。

2009(H21).01.18(日) An Lac 03

地元のスーパー。
テト(旧正月)前で大混雑。
日本で言えば年末の混雑と一緒です。

2009(H21).01.18(日) An Lac 04

レジで前に並んでいた女性の着ていたTシャツ。
"We are all born poor."
ベトナムでは都市部だともう洒落で済むのかな。

2009(H21).01.18(日) An Lac 05
ベトナム

2009(H21).01.17(土) 【お年玉】

【お年玉】
ベトナムにもお年玉を渡す習慣があります。
ただし新暦の正月ではなく、旧正月(テト)の時期。
私生活で世話になっている人も多いし、10代の友だちも多い。
多めに袋を購入。
何人に配ることになるのかな。

2009(H21).01.17(土) お年玉袋
ベトナム

1、2、3、乾杯!

披露宴ではあちこちのテーブルでこれを行ないます。
それも何回も。

[1、2、3、乾杯!]

 ベトナムの旧正月「テト/Tết=テット」前は、結婚式が多くなる時期。正月の挨拶回りでお年玉(北部:Mừng Tuổi=ムン トゥオイ、南部:Lì Xì=リーシー)を渡す習慣があり、テト明けはお金がなくなってご祝儀の額も減るためだ、という理由の真偽はさておき、街中でも写真撮影をするカップルの姿が目立つようになります。

 さて、一般に人々が参加するのは結婚披露宴ですが、そのノリは日本とかなり異なります。開場時間の2時間後にようやく始まり、両家の紹介、ケーキカット、シャンパンツリー、乾杯などのセレモニーが終わると、あとは飲み会に突入します。花嫁・花婿との乾杯はもちろん、各テーブルでみんながビールのグラスを合わせて「Một, hai, ba, dzô!=モッ ハーイ バ ヨー」(=1、2、3、乾杯!)と乾杯。このとき、「Dzô!=ヨー」で大声を出すのがポイントです。ノリが良い時には「Một, hai, ba, DZÔ!...hai, ba, DZÔ!hai ba DZÔ!=モッ ハーイ バ ヨー!...ハーイ バ ヨー! ハーイ バ ヨー!」とリフレインしましょう。

 またその際、知っておきたいのが「Một trăm phần trăm=モッ チャム ファン チャム」という言葉。これは「100%」という意味なのですが、その心は「一気飲み」。学生コンパのようなノリでとにかく飲んで騒ぐ時のキーワードです。

 こんな風にして、客同士で盛り上がってしまうのがベトナムの披露宴に参加する際の正しい姿勢。また「ご飯の切れ目が縁の切れ目」が基本なので、料理を食べつくしたら、流れ解散的にバラバラと岐路へ着きましょう。日本と比べると、かなり違和感がありますけれどね。

http://www.vietnam-sketch.com/column/vietnamese/2009/01.html

『ベトナムスケッチ』より

ベトナム

中国GDP、世界3位に=07年、上方修正で独を抜く

上方修正って?
それはさておき世界で2位の日本の国際的な発言力のなさは何なんでしょう。
ODA(政府開発援助)を受けている側が有人宇宙飛行を成功させているけど、日本は...
どうして "毅然" とした態度が取れないんでしょうね。

[中国GDP、世界3位に=07年、上方修正で独を抜く]

 【北京15日時事】15日付の中国紙・第一財経日報は、中国国家統計局が14日、2007年の国内総生産(GDP)を25兆7306億元に上方修正したことで、中国がドイツを抜いて米国、日本に次ぐ世界3位の経済大国に浮上したと報じた。
 ドイツの07年GDP(2兆3800億ユーロ)を同年末のユーロ・人民元レートで換算すると25兆3900億元で、中国の修正後のGDPがこれを上回るとしている。

http://www.jiji.com/jc/c?g=int_date3&k=2009011500385

『時事通信』より

ベトナム

2009(H21).01.15(木) 【迷惑メール】

【迷惑メール】
メルマガ用にYahoo!メールを使用しています。
今日チェックすると迷惑メールフォルダにメールが。
Yahoo!からのメールだった。
そういえばちょっと前、Googleの公式ブログがスパム判定されてGoole検索のインデックスから削除されるということがあったな。

2009(H21).01.15(木) Yahoo!迷惑メール
ベトナム

ベトナムで盆栽が高騰 1鉢9200万円も

本屋でもたくさんの種類の「Bonsai」本があります。
この本屋ではさらに倍くらいありました。

2009(H21).01.14(水) 盆栽

[ベトナムで盆栽が高騰 1鉢9200万円も]

 【ハノイ=岩本陽一】ベトナムで同国の旧正月休み「テト」に欠かせない盆栽の価格が高騰している。今月末からの長期休暇を前に需要が急増していることに加え、昨年秋以降の天候不順で生育状況の良い鉢が少ないためとされる。地元紙によると、平均価格は例年の2倍程度だが、樹齢300年の鉢には180億ドン(約9200万円)の値が付いたという。

 同国で「ボンサイ」は家屋の装飾品として人気が高い。業者や個人が購入した鉢を高値で再販するケースが多く、取引を重ねるたびに価格が上がる傾向がある。今年は景気悪化で例年より早めにテト休暇に入る企業も多いことから需要のピークが長く続き、品薄感が強まっているという。

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090114AT1G1400214012009.html

『日本経済新聞』より

ベトナム

電子渡航認証システム(ESTA) エスタ

ベトナムとは直接関係がありませんが、本日から米国渡航の「ESTA(電子渡航認証システム)」が義務化されましたね。
ご存じない方はご注意下さい。
「地球の歩き方」に分かりやすい記述がありす。

アメリカ電子渡航認証システムESTA(日本語版)記入の手引き

2009(H21).01.12(月) ESTA

[電子渡航認証システム(ESTA)]

米国国土安全保障省(DHS)は8月1日より、電子渡航認証システム(Electronic System for Travel Authorization: ESTA)を開始した。この新しいオンラインシステムは、ビザ免除プログラム(VWP)の一部である。現在、ESTAのウェブサイトでは任意ので申請を受付けているが、2009年1月12日からは申請が義務化され、米国に短期商用・観光目的(90日以下)で渡航予定のVWP参加国のすべてのビザなし渡航者は、米国行きの航空機や船舶に搭乗する前にオンラインで渡航認証を受けることが必要になる。

http://japan.usembassy.gov/j/visa/tvisaj-esta2008.html

『在日米国大使館』のWebページより

ベトナム

【披露宴】

→ 【結婚式】からの続き

【披露宴】
披露宴は19:00開始。
とは言っても時間通りには始まらない。
タクシーで式場へ向かう。
ベトナムでは同じ種類の店が密集する傾向がある。
ここも式場があちらこちらに。
そしてテト(旧正月)前は結婚式ラッシュ。
あちこちで披露宴。
ここの式場自体でも5,6組が披露宴。
2009(H21).01.11(日) 披露宴01

新郎新婦が参加者を出迎え。
2009(H21).01.11(日) 披露宴02

ベトナムの披露宴には必ず見られる新郎新婦のドデカイ写真。
新婦のQuỳnh(クイン)は清楚で非常に可愛い女性なのに、この写真は...
日本人にはチト理解しがたい。
2009(H21).01.11(日) 披露宴03

午前中の結婚式でご祝儀は渡したので、私はこの場では渡さない。
2009(H21).01.11(日) 披露宴04

新婦と黄色いアオザイの女性は従妹同士。
しかし若い女性のアオザイ着用率は驚くほど低い。
彼女だけだった。
綺麗なのにもったいない。
2009(H21).01.11(日) 披露宴05

いつもお世話になっている新婦のお母さんの "Tư(トゥー)"。
2009(H21).01.11(日) 披露宴06

出席者は約300人。
ベトナムではこの規模はめずらしくありません。
前回私が参加したときは600人でした。
2009(H21).01.11(日) 披露宴07

例のごとく遅れてスタート。
司会?のお兄ちゃんが式の開会を宣言。
司会と言っても進行を司るわけでもなく、新郎新婦の入場およびその後のコメントを少しするだけです。
2009(H21).01.11(日) 披露宴08

新郎新婦の入場前のパフォーマンス。
舞台上のパフォーマンスでみんなが見るのはこれくらい。
この後は食事が出るのでみんなお構いなし。
2009(H21).01.11(日) 披露宴09

10分ほどの踊りの後、新郎新婦入場。
入場と言っても厳かな感じとは程遠い。
アップテンポなビートの効いた音楽に合わせて行進(というより駆け足にも近い感じ)。
写真撮れない...
2009(H21).01.11(日) 披露宴10

新郎新婦ステージへ。
2009(H21).01.11(日) 披露宴11

続いて両家の両親の登場。
ありゃりゃ、こっちは完全に駆け足。
2009(H21).01.11(日) 披露宴12

両家の両親も揃ったところでドッカ~ンと紙吹雪が打ち上げられる。
派手。
2009(H21).01.11(日) 披露宴13

シャンパンタワー(シャンパンかは不明)。
花火のド派手演出。
2009(H21).01.11(日) 披露宴14

注いだお酒で杯を交わす。
2009(H21).01.11(日) 披露宴15

ここでもドッカ~ン!
2009(H21).01.11(日) 披露宴16

次はケーキカット。
2009(H21).01.11(日) 披露宴17

ちなみにこのケーキは振舞われません。
デザートにケーキないし。
2009(H21).01.11(日) 披露宴18

ようやく食事が提供され始める。
最初はタケノコとカニのスープ。
2009(H21).01.11(日) 披露宴19

ステージでは歌のパフォーマンスが始まるが誰も見ちゃいない。
このあといろいろ歌手が出てくるが聴いている人はゼロ。
2009(H21).01.11(日) 披露宴20

次の料理が出された瞬間群がるようにみんな手を出す。
料理の写真を撮ろうとしたが、そんな暇なし。
このテーブルには私をのぞいて女性ばかり。
正直ひいた。
2009(H21).01.11(日) 披露宴21

この料理についてくるおせんべい。
ベトナム料理ではポピュラーです。
2009(H21).01.11(日) 披露宴22

次は子豚の丸焼きと肉まんのまんの部分(って言い方でいいのかな?)。
2009(H21).01.11(日) 披露宴23

次はエビのガーリック焼き。
いちいち剥かなきゃいけないのが面倒だったけどおいしい。
2009(H21).01.11(日) 披露宴24

新郎新婦はひたすら各テーブル周り。
新郎新婦の席も料理も用意されていません。
2009(H21).01.11(日) 披露宴25

蒸し鶏。
2009(H21).01.11(日) 披露宴26

こどもたちはステージで大はしゃぎ。
2009(H21).01.11(日) 披露宴27

300人だとテーブル周りも1時間ほどで終了。
その後も新郎新婦それぞれ分かれて挨拶回り。
ベトナムでは新郎新婦は完全にもてなす側。
2009(H21).01.11(日) 披露宴28

急に歌がヘタになったらそれはカラオケ大会の始まり。
2009(H21).01.11(日) 披露宴29

こどもたち騒ぐ騒ぐ。
2009(H21).01.11(日) 披露宴30

最後は鍋とシメの中華麺。
デザートはメニューになかったけどブドウがついてきた。
2009(H21).01.11(日) 披露宴31

閉会の言葉もなく、食事が終わると、ぞろぞろ帰り始める人たち。
カラオケ大会が続行中でもお構いなし。
とにかく全員が自分のペース。
2009(H21).01.11(日) 披露宴32

終了時刻はどこも似たようなもの。
式場の密集地帯の交差点では渋滞。
交通整理が出ていました。
ベトナムでは進めなくても交差点に自動車が入ってくる。
反対側は進めない。
その悪循環で渋滞を引き起こす。
こういう時はベトナム人って頭悪いと思う。
というよりインフラ整備が追いついていないからこうしないと渡れないってのもあるけど。
私は他の文化を尊重するけど、歩道歩いてて後からクラクション鳴らされたり、轢かれそうになるのは文化の違いと片付けられない。
ベトナムで過ごす外国人が本当に我慢できない部分。
2009(H21).01.11(日) 披露宴33

伝統的な結婚式と豪華な披露宴。
有意義な一日でした。


Nhà Hàng Đông Phương
Nha Hang Dong Phuong
Restaurant Dong Phuong
32 Hoàng Việt, Phường 4, Quận Tân Bình, Thành phố Hồ Chí Minh
32 Hoang Viet Phuong 4, Quan Tan Binh, Thanh pho Ho Chi Minh
32 Hoang Viet Phuong 4 st. street, Tan Binh District, HCMC
súp măng cua tuyết nhĩ
sup mang cua tuyet nhi

song hỷ lâm môn
song hy lam mon
heo sữa quay - bánh bao
heo sua quay - banh bao
tôm sú cháy tỏi
tom su chay toi
gà hấp cải xanh
ga hap cai xanh
lẩu tươi sống - mì
lau tuoi song - mi

ベトナム

【結婚式】

【結婚式】
いつもお世話になっているおかみさんの娘さんが結婚するのを姪っ子から聞いていた。
普段の世話のなり方からも「誘われるのかな~」と思っていたが、会っても何も言ってこない。
「誘われないんだ」と思っていたら数日前に招待状を受け取った。
う~ん、ベトナム。
下記は披露宴に招待された際に渡される封筒です。
中に招待状が入っており、これを抜き取って封筒にご祝儀を入れて当日渡します。
祝儀袋を別途用意する必要はありません。
2009(H21).01.11(日) 結婚式00

披露宴は17:30から受付で19:00スタート。
というのはあくまで予定。
前回参加した披露宴は1時間以上遅れて開始。
まあそれまで日曜はゆっくりしようと思っていた。
ところが前日、招待してくれたおかみさんの妹が「明日式に参加しなさい」と言ってくる。
「したい?」ではなく「しなさい」。
ベトナム語だけどこれくらいは分かる。
興味はあるけど、行っていいのかな?
おかみさんいないし。
披露宴は何百人って呼ぶけど、式は家族・親族で両家合わせても4,50人程度らしいし。
そんなのに私が行ってもいいのかな?

式は8:00スタート。
なのに姪っ子には6:00に迎えに来いと言われる。
2009(H21).01.11(日) 結婚式02

到着するなり準備を始める2人。
ああ、そういうことね。
2009(H21).01.11(日) 結婚式28

数人いる程度。
新婦のお母さんであるおかみさんもパジャマ姿。
2009(H21).01.11(日) 結婚式03

私も手伝い要員かと思いきやそうではないみたい。
男性はみなゆっくりしている。
立っていると座れと促される。
2009(H21).01.11(日) 結婚式04

準備が終わって近くの屋台で朝食。
フーティウを食べる。
3杯で30,000VND (本日のレートで約155円)。
2009(H21).01.11(日) 結婚式05

8:00開始だが、新郎が来る気配はまったくない。
ベトナムの結婚式は2時間遅れるのも当たり前。
9:00頃、女の子たちが玄関の外に並び始めた。
2009(H21).01.11(日) 結婚式06

新郎がやってきた。
2009(H21).01.11(日) 結婚式08

代表らしき人たちが部屋に入る。
恐らく式を始める宣言みたいなことだと思う。
2009(H21).01.11(日) 結婚式07

女の子たちの前に新郎側の人たち(ほとんど男の子)が一列に並ぶ。
2009(H21).01.11(日) 結婚式09

新郎側から新婦側へ贈り物を手渡す瞬間。
2009(H21).01.11(日) 結婚式10

その後式が執り行われる。
部屋は10人ちょっとでいっぱい。
部屋では両親や年長者などが立ち会う。
2009(H21).01.11(日) 結婚式11

若者を中心に残りの人たちは外のテーブルで軽いスナック、フルーツとお茶。
2009(H21).01.11(日) 結婚式12

参加者の中には冗談みたいな化粧の女の子も(野沢直子似)。
2009(H21).01.11(日) 結婚式13

おばあちゃんたちを除けばアオザイは1人だけ。
綺麗なんだからみんな着ればいいのに。
2009(H21).01.11(日) 結婚式14

式は1時間ほどかけて行なわれる。
新郎から贈られた指輪・ネックレス・ブレスレット・イヤリングなどを両親が新婦に身に着ける。
2009(H21).01.11(日) 結婚式15

最後に新婦へ家族からご祝儀が渡される。
式に参加した新婦の親族は披露宴ではなく、この時にご祝儀を渡すとのこと。
私もこの時に渡すことになりました。
2009(H21).01.11(日) 結婚式16

1時間ほどで部屋での進行は終了。
少しの間記念撮影。
2009(H21).01.11(日) 結婚式17

しばらくして新婦側の女の子たちが先ほどの贈り物の入れ物をもって並び始める。
2009(H21).01.11(日) 結婚式18

新郎新婦が新郎の家へ向かう。
2009(H21).01.11(日) 結婚式19

新郎が去った後、新郎側へ入れ物(何て言う名前か分からない)の返還。
2009(H21).01.11(日) 結婚式20

その後みなクルマに乗り、新郎の家へ向かう。
新郎の家でかい!
金持ちなのが分かる。
2009(H21).01.11(日) 結婚式21

新郎の家でも式が執り行われる。
ただし時間は2~30分程度。
新婦側で部屋に入っていた人たち以外は3階の食事会場であるリビングで待機。
2009(H21).01.11(日) 結婚式22

式が終わり食事が始まる。
2009(H21).01.11(日) 結婚式23

レストランから 給仕の人たちが派遣されている。
次の食事を持ってくる間、用意されている食事の横でみなタバコをプッカプカ。
日本じゃ考えられない。
2009(H21).01.11(日) 結婚式24

しかし50人が余裕で入ってしまうリビング。
この広さは羨ましいですね。
2009(H21).01.11(日) 結婚式25

私が座っていた席には若い女の子たちが固まっていた。
食事が始まってしばらくすると若い男の子たちがテーブルの前に並ぶ。
彼女たちを自分たちの席に来るように促す。
ちょっとした儀式みたいな感じだった。
出会いの場になっているのは古今東西変わらずといったところですね。
私たちの空いた席に座ったのは既婚女性たち。
でもみんな20~30代前半。
そういえば偶然かもしれないが、今まで別々に出会った24歳(数え歳なので満年齢は22か23)の未婚女性3人は全員「行き遅れた」「歳をとっている」と口を揃えたように同じことを言っていましたね。
2009(H21).01.11(日) 結婚式27

新郎新婦はもてなす側。
食事はしないし、そもそも新郎新婦のための席がない。
2009(H21).01.11(日) 結婚式26
終了後新婦側は全員車に乗り込み新婦の家へ。
そこでみな解散。

披露宴】へ続く


cưới
cuoi
kết hôn
ket hon
đính hôn
dinh hon
dạm ngõ
dam ngo
ăn hỏi
an hoi
nạp tài
nap tai

xin dâu
xin dau
đám cưới
dam cuoi

hủ tíu
hu tiu

ベトナム

HOSE(ホーチミン証券取引所)のオンライン取引開始へ

2009年1月12日よりホーチミン証券取引所(HOSE)でオンライン取引が正式に実施されるそうです。
本当にきちんと稼動してくれたらありがたいですね。
さて明日はどうなることやら。

2009(H21).01.11(日) ホーチミン証券取引所(HOSE)

[Online trading to begin in HCM City] 15:05' 11/01/2009 (GMT+7)

VietNamNet Bridge - Online trading is scheduled to begin at the Ho Chi Minh City Stock Exchange next Monday, according to HOSE officials.

HOSE spokesman Le Hai Tra said the trading systems of securities companies could now connect directly with the HOSE gateway to send investors’ orders.

Each securities company will have a 128-Kbps line capable of sending up to 85 handled per second, compared to 85 handled in recent tests.

There is another line that can be used in case of an accident.

“Online trading enables the automation of order receiving, processing and confirming, thus improving liquidity, transparency and fairness while minimising time, risks and costs,” said Tra, who is also HOSE’s permanent executive member.

Curently, securities companies receive orders from their customers, check whether the orders conform to regulations, and then send the orders to their representatives at HOSE.

The representative will send the orders to the exchange’s trading system for matching. An order can take around eight to 10 seconds to be processed.

Of more than 90 securities companies currently with representatives at HOSE, 69 could begin online trading on Jan. 12, but the remainders will continue with the present method.

Of 69, 37 will provide clients with online trading software that will provide information on whether the orders conform to regulations.

As for the other 32, customers will send orders to securities companies, where the orders will be checked and then relayed by the companies to HOSE.

Tra said in the first two weeks of online trading, all the 69 companies would maintain their representatives at HOSE to ensure smooth operations.

http://english.vietnamnet.vn/biz/2009/01/823321/

『VietNamNet』より
ベトナム

2009(H21).01.09(金) 【めんや1ばん】

【めんや1ばん】
協力会社の方たちと一緒に昼食。
本当は去年、皆で行くはずだったのが、私が病院に行って昼休みの間点滴を打つことになってキャンセルになってしまいました。
今回都合があったので行くことに。
1月22日まで半額です。

通常の値段になったら食べに来るかと言われれば...
だって日本と値段変わらないんだもん。
半額でもたまに来るかどうか。
この間引っ越しちゃったけど、近所のめちゃくちゃうまかったフォーの5倍以上の値段。
単純には比べられないのは分かっていますが。

2009(H21).01.09(金) めんや1ばん

2009(H21).01.09(金) めんや1ばん 名刺

その後、すぐ横のカフェでお茶(みなコーヒーですが)。

2009(H21).01.09(金) cafe TAKE

2009(H21).01.09(金) cafe TAKE 名刺

Mì Nhất Mi Nhat
27/5 Nguyễn Bỉnh Khiêm Phường ĐaKao Quận 1 Thành phố Hồ Chí Minh
27/5 Nguyen Binh Khiem P. DaKao Q.1 TP.HCM
27/5 Nguyen Binh Khiem street st. DaKao ward District 1 Ho Chi Minh City
麺屋あ。うん 秋葉原店 あ・うん あうん 竹若 炙り角煮 黒虎らうめん
ベトナム

ホーチミン市:テトの公休日は5日間

8日に通達って...
カレンダーは一応1/25(日)~28(水)が休日扱いになっていますが。

[ホーチミン市:テトの公休日は5日間 ]
2009/01/09 18:11 JST配信

 ホーチミン市人民委員会は8日、今年の旧正月(テト)の公休日と国旗掲揚に関する通達を発表した。それによると、旧暦の12月30日から1月3日に当たる新暦1月25日から28日までの4日間と、日曜日と重なる1月25日の振り替え休日分の合計5日間が公休日となる。また、各官庁・企業や家庭などに対し、この期間に国旗を掲揚するよう求めている。

http://www.viet-jo.com/news/social/090109032717.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

2009(H21).01.08(木) 【バッタもん(パチもん)情報 ベルト編】

【バッタもん(パチもん)情報 ベルト編】
ベトナムではバッタもん(パチもん)が多く出回っています。
アディダスブランドなんてあちらこちらにある。
なのでベトナム人のアディダス着用率は非常に高い。
アディダスのTシャツ・ポロシャツを多く持っている私にはイヤな環境。

ただ中にはブランド品の模倣とは関係なしに質の良いものもあります。
黒のベルトが欲しかったので見てみると、あるわ、あるわ、ブランド品。
ルイ・ヴィトン、ブルガリ、クリスチャン・ディオール、ジョルジオ・アルマーニ、ダンヒル etc.。
なのにみんな1,000円しない。
ちゃんとしたお店なのに。

良さそうなベルトがあったので見てみると「ジョルジオ・アルマーニ」。
でも本革で高品質。
ブランド品に興味ないし、ニセモノなんか身に着けたくないけどこれはイイ。
日本じゃイヤだけど、ベトナムじゃ構わないか。

2009(H21).01.08(木) Giorgio Armani Belt ジョルジオ・アルマーニ ベルト ベトナムのバッタもん パチもん 01

ベルトの裏には思いっきりその店のロゴが入っております。
いいんかいな?

2009(H21).01.08(木) Giorgio Armani Belt ジョルジオ・アルマーニ ベルト ベトナムのバッタもん パチもん 02

160,000 VND (本日のレートで約835円)。


Louis Vuitton Bulgari BVLGARI Christian Dior Giorgio Armani Alfred Dunhill, Ltd.
ベトナム

ベトナムの一人当たりGDP 1024ドルに

やはり成長率は鈍化しましたね。
昨今の世界的金融危機の状況を鑑みれば、確かに当然と言えば当然ですが。
ただしベトナムも先行きは明るい材料が少ないですね。

[ベトナムの一人当たりGDP 1024ドルに]
2009/01/08 11:05 JST配信

 統計総局は12月31日、ベトナムの2008年の名目国内総生産(GDP)が1487兆ドン(約7兆9000億円)に、また一人当たりGDPが約1700万ドン(約9万円)に達したと発表した。昨年の米ドル為替レート(平均)を1米ドル当たり1万6700ドンとすると、米ドル換算の一人当たりGDPは1024米ドル(約9万5000円)となり、昨年より191米ドル(約1万8000円)増加したことになる。ただし統計総局によると、インフレなどの影響を除くと、実質的な一人当たりGDPは約900米ドル(約8万4000円)になるという。

 また、2008年のベトナムのGDP成長率は6.23%にとどまり、2007年の8.38%に比べ低い水準だが、世界不況の影響を受けている状況を考慮すれば、かなり高い数字だとしている。

http://www.viet-jo.com/news/economy/090106091943.html

『VIETJOベトナムニュース』より

ベトナム

IPA職員の私物パソコンによる情報流出について

こういうの「医者の不養生」っていうんでしょうか?
「社内セキュリティ、社員が最大のセキュリティホールだった」
こんな標語がありましたが、社内ネットワークの構築・管理を担当していたときはこのことを痛感していました。

IPA職員の私物パソコンによる情報流出について

2009年1月5日更新
2009年1月4日掲載

独立行政法人情報処理推進機構

 当機構職員が自宅において保有する私物のパソコンでファイル交換ソフトを使用した結果、コンピュータウイルスに感染し、パソコン内の情報が流出したという事実を確認しました。
 これにより、当該職員に関わる個人情報等や一部の公開画像が流出したと見られます。他方、これまでの調査では、当機構の業務関連の非公開情報は含まれておりませんが、さらに確認を行っているところです。
 当機構は、情報セキュリティ対策を推進しており、ファイル交換ソフトの利用の危険性についてもかねてから注意喚起を行ってきたところです。今般このような事態が発生したことについて、陳謝申し上げるとともに、職員の私物パソコンにおけるファイル交換ソフトの使用を禁止するなど、再発の防止に全力を尽くしてまいります。

http://www.ipa.go.jp/about/oshirase/20090104.html

『IPA独立行政法人情報処理推進機構』のWebページより


[情報流出対策職員“赤恥”…自身半裸写真など流出 ]

 ファイル交換ソフトによる情報流出対策を指導する立場の独立行政法人「情報処理推進機構」(IPA、東京・本駒込)に所属する30代男性職員が、自らファイル交換ソフトを使用して違法ダウンロードを繰り返したあげく、自身の恥ずかしい写真を含むデータを多数流出させていたことが5日までに分かった。IPAは情報流出被害に関する相談窓口を開設、安全なパスワード設定方法などを指導しているが、“灯台もと暗し”とも言える職員の失態に、関係者の衝撃は大きい。

 ファイル交換ソフトを通じて職員の個人パソコンから流出したデータは1万件以上。その中には人気アニメや有名芸能人のほか、複数のAV女優、「無修正」「ごっくんゴックン」「輪姦倶楽部」といったハレンチワードがズラリ。さらに、過去の有名な流出事件の被害女性の画像を鑑賞していた形跡や、知人女性と性行為後に撮影した互いの半裸画像、結納時の集合写真も流出した。

 IPAは産・学・官が連携し、国の施策にもとづいた情報セキュリティー対策を推進する経済産業省系の独立行政法人。サイトではファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」に関する「緊急相談窓口」を開設しているほか、「破られないパスワード」の設定方法も“指導”している。だが、職員の指導は不十分だったようで、データを流出させたうえ、パスワードでロックされていた一部のデータも、簡単に破られてしまった。

 この職員は早大政経学部卒。インターネット技術に関する卒論で表彰され、プログラミングに関する専門書も執筆している“専門家”。複数のソフト会社を経てIPAに勤めていた。

 IPAの担当者は夕刊フジの取材に対し、「事態を把握したのは4日の深夜。職員本人に、流出が間違いないことも確認した。職員は非常に動揺し、反省している。5日に再度事情聴取するが、脇が甘かったと言われれば返す言葉もない。陳謝申し上げるとともに、再発の防止に全力を尽くしてまいります」と謝罪した。

http://www.zakzak.co.jp/top/200901/t2009010510_all.html

『ZAKZAK』より


IPA職員の私物PCから情報流出 「Share」経由か

IPAの職員の私物PCからファイル交換ソフトを介し、プライベート写真などが流出した。「Share」経由とみられる。

 情報処理推進機構(IPA)は1月4日、職員が私物PCでファイル交換ソフトを使用してウイルスに感染し、同職員のプライベート写真や友人のメールアドレスなどが流出したと発表した。

 流出の原因となったソフトは「おそらくShare」(IPA広報部)で、流出したのは12月ごろとみられる。情報の中には、「IPAフォーラム」表彰式の写真があったが、IPAの業務関連の非公開情報は含まれていないという。

 1月4日に一般のネットユーザーからWebサイトの問い合わせページで指摘を受けて発覚した。IPAは、職員が業務用PCでファイル交換ソフトを使用することを禁止し、私物PCでも使わないよう注意喚起してきたが、同職員の私物PCにはShareのほか「Winny」もインストールされていたという。

 IPAは、情報セキュリティ対策の推進やIT関連の人材育成などを行う独立行政法人で、「Winny」を介した情報漏えいに関する電話相談窓口も開設している。「陳謝申し上げるとともに、再発の防止に全力を尽くす」としている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/05/news054.html

『ITmediaニュース』より

ベトナム

[DJ] IEのシェア減少、FirefoxやSafariが勢力拡大

私の周りでは、ベトナム人も外国人も含めプライベートでは「Firefox」を使用している人がほとんどです。
社内システムではIEを使わざるを得ない場合がありますからね。
前勤めていた会社ではそうでした。

[[DJ] IEのシェア減少、FirefoxやSafariが勢力拡大]

IEのシェアが半年で74%から68%に減少。一方で、競合のFirefox、Safari、Chromeはシェアを伸ばしている。

ニューヨーク(ダウ・ジョーンズ)

 米Microsoftのブラウザが2008年下半期にユーザーを失った。長らく同社が圧倒的優位に立っていた市場で、競争が拡大していることが浮き彫りになっている。

 調査会社Net Applicationsによると、MicrosoftのInternet Explorer(IE)の12月の市場シェアは68%、5月時には74%だった。Microsoftからコメントは得られていない。

 IEが長らく独占的な地位にあったことからすると、この減少幅は大きなものだ。Microsoftが初めにブラウザ技術に力を入れたのは1990年代。Netscape Communicationsの攻勢をかわし、最終的には同社をつぶす手段として注力した。

 だがIEは最近、3方向から攻撃を受けている。1つはSafariブラウザを使っている米AppleのMacの利用が増えていること。Mozilla Foundationが提供するオープンソースのFirefox、米Googleが昨年リリースしたChromeブラウザの人気も高まっている。Net Applicationsの調査では、Firefoxは12月に21%のシェアを獲得、5月時は18%だった。Safariは6%から8%に、9月にリリースされたChromeは0.7%から1%にシェアを伸ばした。

 Net Applicationsは、Firefox、Safari、ChromeなどMicrosoft以外のブラウザの使用が増えたのは、ホリデーシーズンで家庭での利用が多かったためかもしれないと指摘している。IEは通常、オフィス向けのブラウザとして好まれている。

 ブラウザはGoogleやMicrosoftなどの企業にとって、自社のインターネットサービスとアプリケーションの使用を促進するために利用できる戦略的に重要な技術となっている。

http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0901/05/news043.html

『ITmediaニュース』より

ベトナム

2009(H21).01.05(月) 【地上デジタルテレビ放送】

【地上デジタルテレビ放送】
ベトナムでもすでに地デジ放送されているんですね。
知らなかった。
でも日本、地デジ完全移行できるのかな?

ベトナムでは携帯でテレビを観ている人がいます。
あれれ、ワンセグ?
しかし現地の友だちでつけっぱなしで寝てたやつもいます。
家族はそれを消す気配もありません。
ベトナムでも相当貧乏な部類に入る家族。
定額料金?
後で調べたら、ベトナムでは月数百円の固定料金で携帯電話でテレビ受信できるシステムがあるそうです。
ちなみにワンセグではありません。
こういうの見ると、日本っていろんなところでどんどん遅れていくのを感じる。
がんばれ技術立国ニッポン!

2009(H21).01.05(月) 地デジ

[アナログ波停波まで3年弱 地デジ完全移行なんてできるのか]

地上波テレビ放送の完全デジタル化に向けた動きが、正念場を迎えつつある。民放連会長など「推進側」の関係者は、「アナログ波の停波は 2011年に予定通りに行う」と強気だが、景気後退の影響もあって、対応受信機器の普及は遅れ気味だ。米国や韓国では、完全デジタル化を当初予定よりも延期したという経緯があるだけに、今後も一波乱ある可能性もありそうだ。

普及率は半年で3.2ポイントしか伸びていない

政府の計画では、2011年7月にはアナログ波は完全に停止することになっており、この日までは、すでに1000日を切っている。ところが、この実現に疑問符がつくような動きがくすぶっているようなのだ。

例えば、政府や放送業界では、北京五輪で新型テレビへの需要が伸びることを期待して、08年9月末の時点で、デジタル対応受信機の世帯普及率が50%にするという目標を設定していた。ところが、実際の数字は46.9%。世界的な景気悪化で、消費者の購入意欲にブレーキがかかったことが、予想値を下回った主な原因だとみられている。

08年3月時点での普及率は43.7%だったので、普及率は半年で3.2ポイントしか伸びていない。仮にこのペースが続くとすれば、アナログ波が停波しているはずの11年9月時点でも7割弱しか普及していないということになる。

送信する側は、08年末時点でカバー率が96%に達する見通しだが、受信側は、この3年弱で大幅に普及ペースを上げる必要がある。

放送のデジタル化を進めている他国に目を向けてみると、実際に、デジタル放送への「完全移行」を延期する例が目立つ。米国では06年末の切り替えを目指していたが、これを09年2月に延期。韓国でも、07年4月になって、当初は2010年12月末に設定した切り替え期限を、2年間延長することが発表されている。いずれも、理由は「対応受信機の普及の遅れ」。特に韓国では、「アナログ放送停止は、2015年まで延びるのでは」との声もある。

それでも、日本国内の放送関係者は、あくまで強気だ。広瀬道貞・日本民間放送連盟会長は、08年10月28日、

「今や、アナログ波停止の心配をする必要がなくなったと確信している」

と延べ、切り替えを断行する意思を示した。

アナログ・デジタル同時放送延びると大幅コストアップ

一方、広瀬氏は、08年11月の記者会見では「(停止を延長するための)法改正の時間がない」とも述べている。それ以外にも、「放送局のアナログ設備更新が、停波を前提に計画されている」という事情もある。つまり、現状のアナログ・デジタルの同時放送の期間が延びると、テレビ局にとってはコストアップに直結する。業界にとっては「もう、停波はやめられない。後戻りはできない」というのが内実だ、との見方もできそうだ。

そうなると、問題になってくるのは、アナログ波が停波したあとの「テレビ難民」の発生をいかにおさえるかだ。

総務省では、09年度からの2年間で計400億円を投じて、生活保護世帯120万世帯に、デジタル放送受信用のチューナーを無償配布することになっている。さらに、政府・与党は08年12月になって、チューナーの対象をNHK受信料の全額免除世帯(障害者世帯など260万世帯)に広げる方針を打ち出し、さらに200億円を投じることになる見通しだ。

総務省は08年6月時点で、「地デジの完全移行に必要な予算規模は、今後数年間で2000億程度」との見通しを示しているが、このとおり計画が進むかどうかは不透明な情勢だ。

http://www.j-cast.com/2008/12/22032592.html

『J-CASTニュース』より

ベトナム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。