イニシャルサイト ベトナム日誌 - Initial Site Vietnam Journal

ホーチミン市(サイゴン)在住の駐在員が、ビジネスだけでなくベトナム旅行や日常生活にも役立つ情報を現地よりお届け!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベトナム

日本語の数

英語だけでなく、他言語を学ぶにつれて必然的に日本語に注意が行くようになる。
つくづく日本語は文法的に難しいと思う(ベトナム語は音声的に難しい)。

大学の先生(英語が話せる)から日本語の質問(生徒には韓国人、日本人も多いので多少の日本語の心得はある)。
「これは何(なに)?」「これは何(なん)ですか?」の違い。
同じ "what" の意味なのに音が違う理由。
動詞の活用は説明するのも本当に難しい。

日本語を教えるとさらに不可思議なことに気づく。

【数字のカウントアップ】
1,2,3,4,5,6,7,8,9,10
4 - し、よん
7 - しち、なな
9 - く、きゅう

【数字のカウントダウン】
10,9,8,7,6.5.4,3.2.1
9 - 「きゅう」(「く」とは言わない)
7 - 「なな」(「しち」とは言わない)
4 - 「よん」(「し」とは言わない)

ロケットが発射
3,2,1,0
「さん」、「に」、「いち」、「ゼロ」!
なんで「0」だけ英語なの?
スポンサーサイト
ベトナム

プータロー

「35歳になったからニートじゃない」とおバカな発言をする知人を私は笑えない。
プータローをしょっちゅう経験した私には気持ちが分かる。
「お仕事は何をなさっているんですか?」
よくされる質問に対して、マジメな席ではともかく、「フリーターの卵です」と答えていた。
大半の人は「はっ?」とした顔するが、関西出身の方は半数以上が「それって無職じゃねえか!」と突っ込んでくれた。
弟の結婚式にプータローだったのが一番痛かった。
「親戚に何て答えよう...」
そんな心配よそに誰も尋ねてこない。
みんな私がプーだって知っていた。
ベトナム

ニート

30過ぎて無職の知人がこう言った。
「俺もうニートじゃないぜ」。
やっと就職したのかと思ったのもつかの間。
「35歳なったから、もうニートの定義に当てはまんないよな」。
「...」
ベトナム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。